スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポケットが虹でいっぱい」考察と、小説と、5月31日のトークショー ~改訂その 6~

~その 6~
劇場版「エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」
の考察を、小説を読んで得た知識と、2009年5月31日にテアトルタイムズスクエア新宿で行われたトークショーを鑑みて試みる。
(2012年4月に、部分部分を改訂しました。変な文章とか、考察のアラとか。)

ネタばれの記事です。まだ「ポケットが虹でいっぱい」をご覧になっていなければ、この記事を読む事はオススメ出来ません。
映画を観た後にココを思い出して下さる事がありましたら、その時はまたお越し頂けると嬉しいです。
お目汚しですが、読みたい方がいれば「続き」をクリックして下さいませ。
なお、記事中にある () で書かれている黄色い文章は、管理人の推測・考察・疑問です。



[読めば、間違いなく劇場版「エウレカ」に対する理解は深まります。一つの小説としても完成しているので、オススメです。]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい (角川スニーカー文庫)


[こちらはBD版です。賛否両論ですので、まずはレンタルで観てから判断された方がイイかと思います。ただ、2回目の鑑賞で印象がガラッと変わる可能性がある映画です。お忘れなく。]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray]


[amazonのレビューがとても参考になります。ありがたい事です。]
ディラック現代物理学講義 (ちくま学芸文庫)


[ファミ通.comの記事へのリンクです。結構細かい所までテキストに起こしてありますよ。行けなかった方は是非!]
『【ネタバレ注意】『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』京田監督&藤原啓治トークショーが開催された』

[Newtypeチャンネルへのリンクです。トークショーの内容がファミ通.comよりも詳細にテキスト起こしされてます。]
『「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」緊急トークショーをレポート! 今だから明かされる劇場版秘話!1/2』


『「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」緊急トークショーをレポート! 今だから明かされる劇場版秘話!2/2』



小説から得た知識と、『公式ガイドブック』と、『CONTINUE Vol.45』と、映画のパンフレットと、『Web ラジオ 「フジワラでいいカナ?」』を聴き、ゲストで来ていた京田総監督の「設定的には繋がっている」との発言を踏まえ、5月31日のトークショーを鑑みて、劇場版を考えてみる。
(ただ、小説の全てが劇場版とリンクした設定では無い様子。管理人なりに、劇場に足を数回運んだ現在までの解釈と、小説に記載されている設定を合わせて考えてみたいと思ったのだ。小説での、劇場版とは密接に関連していないと思われる設定は省き、なるべく劇場版を基準に考察してみる。)
|
|
|
|
|
|
|
|
|
ブラヤによって神の鉄槌計画発動スイッチが押された。
ちなみに、補機から主機にエネルギーを収束させるのに時間が掛かる。
(ここでブラヤが言う太陽のエネルギーを得る為に人は心臓を捧げ云々というのは、古代文明の時代に色々な地域で見られた儀式の事を言っているのだろう。
また、人が文明を発展させる為に築く、経済世界を暗に描いてある気もする。)



シーンは変わり、spec-Vのコックピット内でバカな会話をしているレントンとエウレカ。
(spec-Vはティンカーベルをモチーフにし、アーキタイプとニルヴァーシュを念頭に置いてデザインされた。脛の一部分が突起しており、そこを空気が通ると原初のトラパーが光る粉のように噴き出す。)
#46 エウレカちゃんとレントンくん
これからの行き先の話をしていると、ニルヴァーシュが語りかけてくる。
(ラストに繋がるシーン。)
そこへスーパーパックを装備したデビルフィッシュに乗り、ホランドとの戦闘が始まる。
(全てでは無いとしても、世界中のアーキタイプが暴走した中でデビルフィッシュのアーキタイプは暴走していなかった。ちょっと不思議に感じた人も居るかもしれない。

エウレカが格納庫に行きニルヴァーシュの暴走を止めるシーンがある。
ここのシーンで、606・808・909のアーキタイプが暴走する描写はあるもののデビルフィッシュのアーキタイプが暴走する描写はされていない。
ニルヴァーシュの暴走が収まる時にエウレカから何らかの力が作用して収まったと仮定するならば、デビルフィッシュのアーキタイプの暴走が止まる可能性は無きにしもあらず。

もしくは、野暮な事言うなって事じゃないかと・・・・京田総監督って、たまにそういう事言うし。
「ここでデビルフィッシュが使えるのは変だっ」なんて考えるより、TV版49話の月光号の時と同じく、その限界マニューバを楽しもうよ。とかね。
尚、ここから流れ始める音楽は、TV版の「戦闘空域」のアレンジ。
これはシビレる!)

ここで月光号内ブリッジへとカメラは切り替わる。タルホが妊娠していて、その子供の未来が語られている。
月光号クルーの気持ちはまとまり、ホランドを追いかける事に。

更にカメラは切り替わる。
コーダはヴォダラ宮の近くへと辿り着いた。世界の行く末を見届ける為に。
そのすぐ側にアネモネが現れ、コーダを「語り部」と呼ぶ。
「6号・・・!」と呟くコーダ。
(この、コーダのすぐ側にアネモネが現れる描写であるが、TV版ではゴンじいでも同じ描写がされている。物理法則を無視しているという描写であると考えられる。

また、神の鉄槌が放たれる今、これから起きるであろう災厄に悲観的な感想を漏らすコーダに対してアネモネは、「どうかしら。」という若干謎めいた返事をしている事が興味深い。
レントンとエウレカを信じているのだろう。)


レントンとホランドの死闘は激しさを増すばかり。
レントンの傷口からは大量の出血が見られ、着々と衰弱していくようだ。
(銃で脇腹を撃たれて、直ぐにこれだもん。そりゃヤバイ。
それと、ここが盛り上がるシーンというのもあるだろうが、各キャスト陣の演技が半端無い! エウレカの必死さと、ホランドの狂気染みた咆哮がスゲェ!作画もスゲェよ!!w
救う為に逃げていたホランドと、救う為に前を向いていたレントンの対比が、ここで幕引きとなる。)

ホランドは特攻覚悟でCFSを全開使用し、タルホの未来を月光号クルーに託す。
レントンは息も絶え絶えになりながら、先程ニルヴァーシュが伝えてきた事をエウレカに話す。
ニルヴァーシュは、自分達をネバーランドへ連れて行くと言ったのだと。

全開使用のCFS効果は広範囲に及び、その歪んだ視界の中ジワジワとspec-Vに詰め寄るデビルフィッシュ。
そこへ追いついた月光号。
月光号内ブリッジの艦長席に座るタルホの中に、タルホの魂とは違う、もう一つ別の魂を見るホランド。
デビルフィッシュはspec-Vの追撃を止める。
月光号ブリッジからの通信がホランドに繋がり、タルホのお腹の中の子供は通常に成長しており、月光号クルー達に課せられた業を背負っていない事が伝えられる。
(月光号クルーは未来を得る為に逃げる事をやめ、その子供に自分達の未来を託す事でネバーランドを夢見る事を諦めた。
つまり、大人になったという事だろう。

今後ダチュラを使用し続けたしても、彼等は長くは生きられないだろう。
それでも、その事から目を背けず、罪を背負っていても、希望を持って生きるのではないだろうか。
#50 タルホちゃんとホランドくん
京田監督の言葉を借りるならば、この物語が終わってもまだ彼等は生きている。
物語が始まる前からも生きている。
「人生を切り取り、普通の人間を描きたい」と言った彼のスタンスは、劇場版でも変わらずに表現されているのだと思う。
あ、トークショーで明言された子供の名前は「ミライ」。小説でも書かれていた名前だ。
性別はTV版の頃から決まっていたらしく、ホランドとタルホの子供は女の子だそうな。)



エウレカが瀕死のレントンに語りかけている。
本当はワルサワに帰りたかったの。私にとって、レントンと一緒に過ごしたあの街が大事な思い出。大切な記憶。でも、記憶をイマージュに渡す事でレントンが助かるなら、もうそれでいい。私が私でなくなってもいい。
(イマージュが記憶を得る事で素粒子をコントロール出来る事をエウレカが知った描写は無いが、人型イマージュであるエウレカにとって、アネモネとの会話で本能的に理解は出来たであろうと思われる。
あと、名塚さんの演技がこれまた良い。)

私は貴方の夢の中で生き続ける。
それが私の夢。貴方の夢で逢いましょう。
(自分に記憶が無くなってもレントンの記憶に残れば、レントンの夢の中でも逢えるという意味であろう。
また、先にも書いたようなメッセージ的な意味合いも含まれているかも。)

エウレカはニルヴァーシュを促し、イマージュの中心核へと向かう。
一方、神の鉄槌の砲撃(放射?)はイマージュ中心核へと向かっていた。そこへマッハ22というスピードでニルヴァーシュが向かう。
(マッハ5以上で極超音速というらしい。ちなみにライフル弾の初速がマッハ3位らしい。
マッハ22=およそ7486/1秒。という事らしいのだが、気圧・気温によって物体が進むスピードは変化するので、マッハ22でニルヴァーシュがどれだけ進むのかは、一概には断言出来る物では無いであろう。
大体、物理法則を無視した力が発揮出来るというのであれば、計算なんか意味が無いと思う。
あ、物理に詳しい人はこんな所読まないで。)

イマージュ中心核へはニルヴァーシュが先に辿り着き、その後神の鉄槌が命中。


ここでシーンが切り替わる。人民解放軍・幼年学校の校長先生(TV版でのアクセル)が、3人の幼児を連れてお祈りする。早く平和な世界が来ますように・・・・・。
(校長先生は子供の味方というか、子供を大事にしているという、そんな描写が込められているように思える。)


その頃、神の鉄槌命中後、イマージュ中心核から暴風と津波が発生。世界を飲み込んでいく。
(南極に大出力の熱エネルギーが命中すれば津波も発生するだろう。
イマージュの大部分も水蒸気と化す訳だし。
気になるのは、画面上で描写されている被害が思ったよりも大きく見えない事だ。
ラストのシーンを見る限りでは、イマージュは素粒子のコントロールをしたと思われるので、その事がキッカケで神の鉄槌のエネルギー量が変化して、威力が中和された可能性もあり得るような気がしないでもない。

絵コンテには、キラキラ光る物は「星の粉」との記述。
また、イマージュの中心核を残して雲化しているという描写が気になる。
ラストシーンに関係してる気がしないでもないのだ。

絵コンテ第5稿には、イマージュの中でメーテル、モーリス、リンクの3人に出会う描写があるそうだ。
TV版での出来事を人型イマージュのエウレカに説明するメーテル。
レントン・エウレカは宇宙を救った偉い人だからスカブの中の人達(50話でスカブと融合した人達の事らしい)が、次の宇宙でもきっと必要になると言ったらしく、魂をコピーしたと。その時に、メーテル・モーリス・リンクの魂も一緒にコピーしたのだと。
そして、TV版のエウレカ(魂コピー)が働きかけて、レントンの傷を治し、人型イマージュのエウレカは人間の身体になったという展開があったそうだ。
これで、劇場版がTV版とどういう繋がりがあるのかをハッキリ説明するつもりだったらしいとの、説明がブックレットにある。
う~ん。
あったら燃える展開だとも思うし、無くても劇場版の独特の空気感や雰囲気は成立しているから問題無い気もする。個人的には。

あ、この辺りのオペレーターの声は、ジョブズ役の志村知幸さん。)

ブラヤは、人智を超えた力には敵わない・・・と諦めムード。真実を探ろうとしていたコーダに思いを馳せる。


シーンはコーダとアネモネの会話に移る。
アネモネが語る。
夢を見なければ、全ての知的生命体は進化出来ない。夢を見るには記憶が必要であり、私達イマージュはそれを持っていない。
(蛇足だが、記憶=遺伝的データとも言えるかもしれない。)
そこでコーダが穏やかに聞く。
「貴方達は記憶が欲しかったの?何の為に?人間と融合する為?」
(ここでコーダが口にする「人間と融合する為?」であるが、ここに至るまでにコーダの中ではイマージュに対する認識は相当に変化している模様。)
「さぁね。私は観察者だから、そこまで知る立場には無いの。」と答えるアネモネ。
「でも、いつか知る事になる。こうしてこの星と一つになった私達は、遠い海の向こうから再び現れたら・・・この星に生きる全ての者が神話の存在になれたら・・・・きっとね。」
(とても抽象的で、ロマンチックな京田台詞だが・・・・・人型イマージュはイマージュ本体とは違い、一つの個体という事が、「観察者」という言葉から理解出来る。)
#31 コーダさん
それ以降に続く言葉は非常に抽象的だが・・・・・まぁ深く考えるよりは、ロマンチックに少女が語っているという事かもしれない。)

コーダが尚も会話を続けていると、アネモネが姿を消していた事にふと気付く。
そこにはアネモネの服と、一冊の書物が置いてある。そして、コーダの眼前には黒い大きな幼生KLFに包まれたアネモネと、若い青年(ドミニク)が抱き合っていた。
「私達が欲しがっていた新しい神話よ」と、アネモネと青年は言葉を交わし、幼生KLF共々消えてしまう。
(コーダに対して伝える事は伝えたので、二人で盛り上がって消えるシーン。
この後のニルヴァーシュと同じく、皆の所へ「いった」のだろう。
また、新しい神話というのはレントンとエウレカの事だと思う。

以上の事から、エウレカから記憶を貰い受けたイマージュは素粒子のコントロールを実行し、その際エウレカの願いが成立、ラストへ繋がるのではないかと考える。)

残されたコーダはアネモネの残していった本を手に取る。
表紙をめくると、どのページも白紙。
「これを埋めろって言うのね。 でも、いいわ。受けてたちましょう。」
(コーダも自分なりの神話を見つけたのかもしれない。
ていうか、コーダさんカッチョよすぎ!ベテラン役者・赤司まり子さんの演技も味があって良かった。)



シーンは替わり、レントンが目を覚ますと、脇腹の傷は治っていた。
その傍らには一糸纏わぬ姿のエウレカが居る。髪はウェーブの掛かったロングヘア。首からは、二人のお守りであるペンダントを下げている。
レントンが話し掛けても、エウレカは喋る言葉を失くしてしまい、言葉にならない声を発するのみ。
そして、瞳の中にあった赤いスジは無くなっていた。
レントンは、「エウレカ。まさか・・・どうして・・・・どうして。」と、嘆くように呟く。
(この台詞から、レントンは事態がどうなったのかは読み取ったと思われる。ただ、イマージュの素粒子コントロールとか、細かい事は後で知ると思うが。
#31 レントンくんとエウレカちゃん  #30 裸ニルっち
さて、ここのシーンで疑問に思う事だが、エウレカは何故、言葉を失ったのか?
瞳の赤いスジが消えたのは何故か?
どうして、髪が伸びて、裸なのか?
答えは用意されていないので、あくまでも個人的推察だが・・・・・
エウレカがイマージュに記憶を渡したのは間違いないだろう。それによって喋る言葉を失ったという見解で良いと思われる。

そして、イマージュが素粒子をコントロールして世界を構築する際、人型イマージュであるエウレカがその力に影響を与える事もあるのではないだろうか。
そのエウレカが望んだ事が、レントンと一緒に生きたいという願いであるならば、死を予兆していた瞳の赤いスジが消えている理由と思える。

髪が伸びて裸であった原因は、ゾーン内で身体の分解・書き換えが行われたから・・・という可能性があるとは言えないだろうか。エウレカが記憶を渡す際にイマージュと融合・分解が起き、その時に強い願いを抱いたエウレカのイメージが、イマージュの素粒子コントロールに影響を与え、身体の書き換えが起きた可能性があるんじゃないかなぁ・・・・なんて考えてみたりなんかして。
もしくは小説にあった、人型イマージュの本体はイマージュの中にある。という考え方もあるだろう。
また、このシーンの最後に、枝をくわえた空船がでてくる。これに掛けた描写と受け取る事も出来るだろう。
{シーン自体がノアの箱舟をモチーフとしている。オリーブの枝を咥えた鳩。}


まぁそんな事よりもここで大事なのは、自分が助かったのはエウレカのお陰である事をレントンが理解したという事だと思う。)

そんなレントンに、エウレカは言葉にならない話し方と身振りで、一生懸命に彼の後ろに注意を促す。
レントンが後ろを振り向くと、レントンとエウレカを抱き支えるようにして倒れている、大きな幼生ニルヴァーシュが居た。
そして、周囲には、ワルサワにあった誘導灯がそこかしこに見える水辺である。
(ここは、序盤に出てきた約束の丘の可能性は高いだろう。
もしくは、もう世界は神話の中にあるのだよ。とかな。・・・・京田めぇ!)

レントンはニルヴァーシュと交感し、ニルヴァーシュがワルサワに連れてきてくれた事を知る。この場所こそがネバーランドなのだという事も。
(作品のテーマ的なものだと思うのだが、ネバーランドの形は人それぞれで違うのだと考える。
レントンとエウレカとニルヴァーシュにとっては、大事な人と大事な約束をした場所であり、大切な思い出の詰まった故郷だったのではないだろうか。
ホランド達にとっては、背負った業は自分達で終わらせ、罪を抱え、儚かった希望は生まれて来る子供の未来に託す事にした結果が・・・・・・ネバーランドへ続いていたのではないだろうか。)

ニルヴァーシュは「みんなの所へいく」と言い、光の粉となり消えていく。最後に、二人にメッセージを残して。
(先にも書いた所だ。管理人は「行く」に一票。死んだとは思ってないし、思いたくもない。)
「ポケ虹」トレーラー [BD-BOX付属の劇場版トレーラーより]
手を取り合う二人の彼方には虹が掛かり、枝をくわえた空船が舞っている。
(この空船だけど、どっから来たの?という素朴な疑問が湧く。
神話になぞらえて、イマージュが送ってきたモノなのか?と、管理人は思う。)



ラストシーン。
ニルヴァーシュが消えた跡に、雪月花が咲いている。
(このラストのエウレカであるが、言葉を失くしてはいるが心に何かを残しているように見える。ニルヴァーシュとの別れに涙したり、レントンに好意を抱いていたりする所だ。
ここに、彼等の未来には希望がある事を感じる管理人でした。)




オシマイ。

こうして色々漁って考えていくと、とても面白い映画だった。
ツッコミ所もあるけど、そういうのを抜きに楽しめる人なら存分に楽しめる作品だと思う。
京田監督の次作品も楽しみにしてます。
予算の制約があったり、キャラクターの作画がちょっと残念だったりするけど、管理人はとても楽しめました!


--- HOMEに戻る ---

関連記事

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。