スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポケットが虹でいっぱい」考察と、小説と、5月31日のトークショー ~改訂その 4~

~その 4~
劇場版「エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」
の考察を、小説を読んで得た知識と、2009年5月31日にテアトルタイムズスクエア新宿で行われたトークショーを鑑みて試みる。
(2012年4月に、部分部分を改訂しました。変な文章とか、考察のアラとか。)


ネタばれの記事です。まだ「ポケットが虹でいっぱい」をご覧になっていなければ、この記事を読む事はオススメ出来ません。
映画を観た後にココを思い出して下さる事がありましたら、その時はまたお越し頂けると嬉しいです。
お目汚しですが、読みたい方がいれば「続き」をクリックして下さいませ。
なお、記事中にある () で書かれている黄色い文章は、管理人の推測・考察・疑問です。




[こちらはBD版です。総監督の思惑通りに、賛否両論激しい評判です。レンタルに当然並ぶでしょうから、まずはレンタルで観てから判断された方がイイかと思います。amazonのレビュー評価が割れてる所が面白いです。]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray]


[劇場版を観た人にこそ、小説はおススメです!]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい (角川スニーカー文庫)

TV版 47話を合わせて見合わせると、劇場版が理解し易くなると思います。

[こちらは参考までに。amazonのレビューも参考になると思います。多元宇宙に関して理解を深められる本です。原著:ミチオ カク(日系アメリカ人の理論物理学者)]
パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ

[量子論・多元宇宙に興味を示したなら、こちらもオススメです。価格もお手頃です。(監修:東京大学教授 佐藤勝彦)]
「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫)


[ファミ通.comの記事へのリンクです。結構細かい所までテキストに起こしてありますよ。行けなかった方は是非!]
『【ネタバレ注意】『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』京田監督&藤原啓治トークショーが開催された』



小説から得た知識と、『公式ガイドブック』と、『CONTINUE Vol.45』と、映画のパンフレットと、『Web ラジオ 「フジワラでいいカナ?」』を聴き、ゲストで来ていた京田総監督の「設定的には繋がっている」との発言を踏まえ、5月31日のトークショーを鑑みて、劇場版を考えてみる。
(ただ、小説の全てが劇場版とリンクした設定では無い様子。管理人なりに、劇場に足を数回運んだ現在までの解釈と、小説に記載されている設定を合わせて考えてみたいと思ったのだ。小説での、劇場版とは密接に関連していないと思われる設定は省き、なるべく劇場版を基準に考察してみる。)
|
|
|
|
|
|
|
|
|
シーンは首脳(?)会議へ変わる。
議題の内容は、先程のアーキタイプの暴走に関する事らしい。
世界の人類生息地域80%で、KLFのアーキタイプが暴走しているとの事。KLFが無ければイマージュへの対抗策が無くなる。そんな今だからこそ神の鉄槌計画を急ぐよう、ブラヤをせっつくクゼミ。
(そのクゼミは脱出船・メガロードの中・・・・・・)
ブラヤは、神の鉄槌計画を発動した際の地球の被害を考え、計画実行に躊躇していた。
そして、その手には神話再生計画の書物が。この時ブラヤは、コーダに何かを託しているらしい事をつぶやく。
この本、冒頭のタルホが所持していた本と同じ物。
単に同じ出版物という事であろう。


シーンは、再びコーダの推理と考察へ。
ユルゲンスからの報告では、反乱した月光号と行動を共にしているレントン・サーストンは、ワルサワ研究所の技術主任の子供であった事が判明。
(尋問を受ける、軍幼年学校の校長先生はアクセルじっちゃん。)
また、モリタからは、そのレントンと実験体7号は一緒に育てられていた形跡があり、この二人が同じ夢を共有する実験をしていたらしいとの事。その実験とは、少年の夢と同じ夢を、7号が見るようにする実験であったという・・・・・・以下、名探偵コーダの推測結果。
#31 マ○ケル(デューイ)
デューイ・ソレンスタム少将暗殺事件、少将子飼いの第303独立愚連隊のリーダー・ホランドの死亡、少将の囲っていたドーハの悲劇の被害者である孤児達は行方不明、トゥーロン大学の研究員ヤマシタの話、失踪・反乱したドーハの悲劇の被害者達、神話再生計画、ワルサワでの実験記録とモリタの報告、レントンと実験体7号、夢。
これらから導かれる答えは、反乱した被害者達が実験体7号とレントンを使い、思うままの世界を作ろうとしているのだろうという事。
(当たってるじゃん!ていうか、そういう話しだしな!
でも、観ていて頭に入ったのはコーダさんのお陰です。ありがとう名探偵コーダさん!

ちなみに、ホランド達は「世界を作り変える」という言葉は使っていない。この語句は、ヤマシタの言葉を受けてのコーダなりの言い方と思われる。)

だがしかし!
この計画を実行するには国家レベルのエネルギーが必要になる。「そんなエネルギーを一体どこから・・・・!?」という突っ込みがマリアさんから入る。
コーダは冷静に答える。
「彼らは神の鉄槌という名のエネルギーに飛び込めばイイだけ」
つまり、神の鉄槌を発射すればドーハの悲劇の再来が。発射しなければイマージュに滅ばされる訳。
どっちにしても人類はロクな目に合わないと言うコーダ。
(ドーハの悲劇は、実験が失敗した事で起きた事象であると考えられるので、神の鉄槌のエネルギーを使用して素粒子のコントロールを行えた場合、ブラックホールが出現するとは限らないと考える。
つまり、ドーハの悲劇が再来するかは分からないと思うのだが・・・・・・。
それともコーダの認識では、孤児達がゾーンを通過する際に失敗するかもしれないという事も含めて使用した言葉なのだろうか。
それとも、自分のこの考えが穿った見方なのだろうか。)



シーンは変わる。レントンとエウレカが夢を共有しようとするが、昔みたいにはいかないようだ。
レントンはエウレカにキスをしようとするが失敗。エウレカはお手洗いへ。
トイレに行った後にエウレカから光がほとばしる。これに合わせるかのように、月光号のアーキタイプ達も暴走しだす。
(「今の・・・」とイマージュであるエウレカが発言している事からも、イマージュとなんらかの感応をしたという描写なんだろう。と思う。
序盤に出た現象も同じ感応現象という事なんだろう。と思う。・・・・・ハッキリ言ってよく分かりません。)

エウレカは格納庫へ向かい、暴走しようとしているニルヴァーシュを止めに入る。
(エウレカはここで、「お前が反応する事ないのよ!」と言っている辺りから、先程の現象からアーキタイプが暴走を起こす事を知ったと取っていいのだろう。
ちなみに、月光号内のKLFのアーキタイプも暴走してしまう。)

そこへ疑惑を確認すべくハップとストナーが来てエウレカの服を引き破り、その背中には羽が無い事を視認する。
(絵コンテのハップの顔がエライ事になってる。)

#38 エウレカちゃんとストナーくん
(ここでの二人の会話を聞くと、心理的にかなり追い詰められている印象を受ける。ホランドが手を組まないかと持ち掛けたのが気に食わなかったのか、エウレカだけでなく、ホランドにも疑心を募らせている事が分かる。

トークショーで京田監督は、ハップの人物描写を表していたとされるカットが他にも2~3カットあり、尺の関係等で削らざるを得なかったと言ってた。
また、「ジョブズに比べれば、なんて美味しい役なんだと思ったんですが。」との発言をされたら、会場から笑いが起こる。
管理人も笑ったw 同感です。これを受け入れられない人も多いんだろうなぁ。)

その光景を目撃したレントンはブチ切れ、「殺してやる!」と叫びながら何度もハップを殴りつける。 
(エウレカを守る為なら、軍とも戦う事を決めた、レントンの覚悟が描写されたシーン。)
そのレントンの勢いに恐怖を感じたのか、ハップは手にした銃をレントンに向けてしまう。
そこへホランドも到着。
ハップとストナーはホランドの目の前で、飛んできたニルヴァーシュの装甲によって圧死。
(さよならハップ、ストナー。・・・・この飛んできた装甲が事故なのか故意によるものかは不明。レントンの気持ちに呼応したニルヴァーシュが幼生に退化する前か、退化する時に、「死ねもきゅっ!」とか思って何らかの方法で飛ばしたとも考えられるし・・・・・。管理人は事故説に一票。)
幼生ニルヴァーシュはレントンの元へ飛び、揺り起こそうとするが反応は無い。重症っぽい。
その光景を見て叫ぶエウレカ。


シーンは変わり、ブラヤとコーダが神の鉄槌計画に関して話している。
神の鉄槌を発射すればドーハの悲劇により太陽系が消滅すると主張するコーダ。
(小説によると、ドーハの悲劇時に発生したブラックホールが0.3秒。その時に使用されたエネルギーよりも大きなエネルギーであろう神の鉄槌ならば、30秒間近くもブラックホールの発生が予想出来るとある。
30秒間近くもブラックホールが発生する可能性があるから、コーダは「太陽系が消滅」という言葉を使ったのではないかと思われる。)

ブラヤはそのコーダの主張を「推論」として、受け付けない。
(まぁ、彼の立場だと、「はい。そうですね。」とは言えないわな。)
それよりも、KLFが暴走し出すと同時に、イマージュが南極大陸へ収束し出した今、そこへ神の鉄槌を打ち込めばイマージュを消滅出来る可能性があると主張。それを聞けばコーダも納得せざるを得ない。
一縷の望みがあれば、それにすがるのが人という生き物なのだから。
(これ、ホランド達と同じだね。生きる事への渇望・欲求等に示される本質は、同じ人間なんだという解釈は・・・・・余計ですか。すんません。)
ブラヤは、高速挺のチケットがあるからそれに乗りメガロードへ向かえとコーダを促す。
ここで、この二人が元・夫婦である事が判明。
(エエェェェ!!  ; ゜ Д ゜   スッゲェびっくり!!!)


シーンは変わり月光号。ホランドとタルホが部屋で話している。
レントンの状況はここ3日がヤマ。でも、まだ死んではいない。
神の鉄槌発射まであと12時間。
幼生に退行したニルヴァーシュさえなんとかすれば神話再生計画を進める事が出来るだろうと。
#38 ホランドくん・タルホちゃん・エウレカちゃん
(ここでタルホは、「ネバーランドへ行って、本当に幸せになれるのかな?」と発言する。
ネバーランドへ行っても本当に時が止まるのかの確証を得ていない描写なのだろうか。それとも、他人を巻き込み、犠牲を払ってでも行く先には未来を感じる事が出来るのか?という事なのだろうか。

ここで注意したいのは、タルホも入れて月光号クルー達はネバーランドへ行く事を前提に喋っている事だ。
確証は無くともそこへ行かなければもう未来は残されていないという、月光号クルーの覚悟をも含めた描写であると、ここの台詞やシーンから感じた。また、この覚悟は映画を通して序盤から描かれている。)

タルホから「ホランドの未来は何?」と聞かれて、ホランドはお前が居る世界が俺の未来だと答える。
(レントン達とは違い、ちょっと大人のラブシーンですね。はい。)
これをキッカケに、タルホは大事な話しを打ち明けようとするがマシューが来室。(ノック無し。)
桃色の髪の女が居るヴォダラ宮に到着した事を告げる。


集中治療室(?)で治療を受けているレントン。心拍計は動いているものの、レントンは微動だにしない。それをガラス越しに見つめるエウレカ。
エウレカと離ればなれになったあの日から、レントンはエウレカに会う為に生きてきた。
レントンのその気持ちを、自身がレントンを失ってしまうこの状況になって初めて理解するエウレカ。
(イマージュであるエウレカが人の事をまた一つ理解するという大事なシーンであろう。)
エウレカにとってもレントンはとても大事な存在である。改めて感じた気持ちに、何か覚悟を決めたエウレカ。
それを知ってかニルヴァーシュはエウレカを慰めるように手を伸ばす。
(ここの名塚佳織の演技が凄いイイ。TV版の頃から思ってたけど、この人の演技も相当上手いなぁ。舞台経験者の演技って好き。)
#30 ニルっち
尚、エウレカの手に抱かれているニルヴァーシュが異常に可愛い事は付け足しておかなければならないだろう。


シーンは空港へと変わる。コーダとマリアの別れ。
コーダは地球脱出をマリアに譲ったのだ。
(ユルゲンスは公安局長という立場上、メガロード乗船に選ばれていると考えて良いだろう。)
これから世界は滅びるかもしれないとしているのに、コーダは実験体6号の所へ赴き、尚も真実を知ろうとしている。
(コーダさん、格好良過ぎです!!!しびれます!!)
マリアとユルゲンスが結婚した(?)事が判明したのもここのシーン。
(エエェェェェ  ∑ ; ゜ Д ゜  お前達もかよっ!!!・・・マリアさん、お幸せに・・・・)



ヴォダラ宮・地下700mに到着した月光号。
6号がここに幽閉されていた理由は、イマージュにその存在を感知されないようにする為であり、結果ドーハの悲劇を防いでいたという。
#42 ノルブさんとレントンくんとエウレカちゃん
(序盤の台詞から考えても、アネモネは自ら望んでココに居て、待っていたという所だろう。)
停船・上陸しようとする月光号クルーの前に老アネモネが現れる。エウレカの言葉から、アネモネがドミニク先生のフィアンセである事が伝えられる。
その老アネモネの手には、1冊の本と袋が抱きかかえられている。横に黒い幼生・ジ・エンドを供にして。
(ここで老アネモネが言う「あの子達は喜んでくれるかしら?」だが、エウレカとレントン、ニルヴァーシュは勿論だが、タルホとその子供にも向けられているのではないかと考える。

本の作者はコーダの名前になっている。)



シーンは変わり、人民軍最新鋭艦に乗ったブラヤへ。
神の鉄槌発射まで間もない。モニターにはイマージュの中心核が映されており、それは花の様な姿をしていた。
そこへコールが鳴り、ヴォダラ宮でイマージュの干渉波が検出されたと報告が入る。
「6号が姿を現したか、7号が辿りついたのか?」とは、ブラヤの言葉。


再びヴォダラ宮。
老アネモネと邂逅する月光号クルーとエウレカ。ジ・エンドは老アネモネに促され、「あの子達の元へ」飛んで行く。
(ニルヴァーシュとレントンの事であろう。)
それを見たホランドは「何のマネだ!?」と言葉を発する。それに答える様に、老アネモネはドミニクとの約束を伝える。

希望無き者が現れたら封印はそのままに。希望を持つ者が現れたら封印を解き、白き聖なるものの出現を持って希望の道としろと。

そこでヴォダラ宮に振動が起こる。
イマージュが近付いてきたのだ。月光号が降りてくる事で、干渉波を遮る効果が薄れたせいか、アネモネかエウレカに反応したのだろう。と、思う。
(さて、老アネモネが待っていたのは誰の事なのか?
ドミニクとの約束を踏まえて考えると、エウレカとレントンであろうかと思われる。
が、レントンとエウレカが道半ばで頓挫し、希望無き者が現れるという事もあるんじゃね?という意味にも思えなくはない。
絵コンテにある老アネモネの注釈として、「「オールウェイズ」のオードリーみたいなカンジで!」という点からも、ホランド達を無視する事はし難いんだよなぁ。)

その隙を突くようにしてエウレカはギジェットの銃を奪い、老アネモネの元へ駆け寄り老アネモネに銃を突きつける。レントンを今すぐに病院へ連れて行けと、ホランドに要求するエウレカ。




つづくっ!


--- HOMEに戻る ---

関連記事

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。