スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポケットが虹でいっぱい」考察と、小説と、5月31日のトークショー ~改訂その 3~

~その 3~
劇場版「エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」
の考察を、小説を読んで得た知識と、2009年5月31日にテアトルタイムズスクエア新宿で行われたトークショーを鑑みて試みる。
(2012年4月に、部分部分を改訂しました。変な文章とか、考察のアラとか。)


ネタばれの記事です。まだ「ポケットが虹でいっぱい」をご覧になっていなければ、この記事を読む事はオススメ出来ません。
映画を観た後にココを思い出して下さる事がありましたら、その時はまたお越し頂けると嬉しいです。
お目汚しですが、読みたい方がいれば「続き」をクリックして下さいませ。
なお、記事中にある () で書かれている黄色い文章は、管理人の推測・考察・疑問です。




[公式ガイドブックです。インタビューがとても充実した内容です。]
公式ガイドブック 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

TV版 47話を合わせて見合わせると、劇場版が理解し易くなると思います。

[こちらは参考までに。amazonのレビューも参考になると思います。多元宇宙に関して理解を深められる本です。原著:ミチオ カク(日系アメリカ人の理論物理学者)]
パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ

[値段も手頃で、理解し易い内容の本です。amazonのレビューが充実してますw(監修:東京大学 佐藤勝彦教授)]
「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)


[ファミ通.comの記事へのリンクです。結構細かい所までテキストに起こしてありますよ。行けなかった方は是非!]
『【ネタバレ注意】『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』京田監督&藤原啓治トークショーが開催された』


小説から得た知識と、『公式ガイドブック』と、『CONTINUE Vol.45』と、映画のパンフレットと、『Web ラジオ 「フジワラでいいカナ?」』を聴き、ゲストで来ていた京田総監督の「設定的には繋がっている」との発言を踏まえ、5月31日のトークショーを鑑みて、劇場版を考えてみる。
(ただ、小説の全てが劇場版とリンクした設定では無い様子。管理人なりに、劇場に足を数回運んだ現在までの解釈と、小説に記載されている設定を合わせて考えてみたいと思ったのだ。小説での、劇場版とは密接に関連していないと思われる設定は省き、なるべく劇場版を基準に考察してみる。)
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
シーンは変わり、トゥーロン国際大学の研究者・ヤマシタから説明を受けるコーダ。
現在確認されている最小の原子・素粒子をコントロールする事が出来れば、世界を自由に作り換える事も理論的には可能である。その理論が実証されたのが、ドーハの悲劇で確認された事象だった。
その事象では、ランダムな運動をする素粒子が、とあるパターンと酷似していた。
それは、人が睡眠時に見る夢の脳波のグラフパターンと同じだったという。

「ちっ。何を言ってんのか突飛過ぎて分からないんだよっ。 この○○○がっ!!」と言うコーダ様に対して、簡単に説明を始めるヤマシタ。
#46 ヤマシタ(ダイアン)
素粒子を任意に動かすシステムを持っているイマージュは、それを起動する為のすべを持っていなかった。
それでシステム起動のスイッチを押させる為に、「アゲハ神話」をマニュアルにして誘導しようとしたのではないか? と。
(細かいニュアンスは違うけど、内容は合ってる筈。
ちなみに、絵コンテには、「イームスの「パワー・オブ・テン」みたいなカンジです。」と注釈がある。
調べれば直ぐに分かるけど、チャールズ・イームズと妻のレイによって制作された映像作品の事。
自分は未見。工業デザイナーとして、相当な人物であったようです。)

その言葉を聞きブービートラップなのでは?と勘繰るコーダ。
更にヤマシタは語る。どうしてマニュアルは物語の形をとっていたのか?
そしてスイッチとはどんなモノなのか・・・・・?
(「アゲハ神話」と「夢」というキーワードが提示される。神話はイマージュがもたらしたモノという事。


ちなみに、絵コンテ第3稿にあった設定を記しておく。
イマージュは量子シンセサイザーであり、人型イマージュのエウレカ達はキーボード。
別宇宙から来たイマージュは、この世界に定着する為に模索した結果、様々な「波動」を元に世界を創造して具現化する行動に出る。
全ての生命体が持つ「固有の波動」の「集合体」を元に作り上げられた「ホワイトノイズ」を操作する事によって、この星の「世界」と融合を果たそうとしている。

それを提示する為に、広く「神話」という形でマニュアルを示したが、その前に「システムとしての量子シンセサイザー」が人類の思考に反応してしまい、戦争状態に突入。
故に人類の意思・思考はイマージュに対して過剰反応してしまい、誰も止められなくなってきている。
{マニュアルを読まずにシンセサイザーを演奏すると、訳の分からない音が鳴り始めて、止められないような状態。}

この状況が、「インターフェイス」の無さが元になっていると判断したイマージュは、マニュアルである「神話」と同じ形で「エウレカ」を作り出し、人類に送り出した。

「エウレカ」は、その体内に存在する「何らかの振動体(水晶)」がイマージュをコントロールするように出来ている。
「エウレカ」の中に存在する「何らかの振動体(水晶)」を、本編中では「心臓」として描く事とし、同時にそれは「エウレカ」自身の「心・意思」と繋がっている事とする。

つまり、「エウレカ」が人類と「共に生きていたい」と思う心を抱けば、そういった形で量子シンセサイザーは、彼ら自身が願う通りに動き出す。
なので、レントンは「演奏者」とも言える存在である。

と、そんな感じ。
突っ込み所も多々あれど、ポエマー的視点で神話としての「エウレカセブン」を作ろうとしたと思われる京田監督には頭が下がる。良くも悪くも本当によく頑張ったなと。いや、悪口じゃないよ。素敵だと思うよ。
もっと詳細を読みたい方は限定版BDに同梱されているブックレットをどうぞ。
ちなみに、これはあくまでも第3稿での設定であります。)



シーンは替わり、半裸状態のエウレカちゃん。
序盤のシーンで落下した時に、陽の光を浴びて剥き出しになったクリスタルであったが、肌が元通りに戻っている。自分は人間じゃないのだと、改めて気付かされるエウレカ。


トイレで話すホランドとハップ。
エウレカに選ばれた「神話」の登場人物だとしても、レントンは所詮人間。
(時間も無い)自分達とは違うのだ。だから説得は無駄だから薬を使って目的を達成しようと言うハップ。
(また、ここのシーンでは「確証が無いままレントンを引き入れたり~」と、発言をしているハップ。
「神話」の登場人物と考えてエウレカとレントンを手にはしたが、そのアイテムは確実なモノなのか疑問を持っている描写である。それだけ焦る気持ちも深く、「神話」に対する依存度が強いという人物描写でもあろう。
あと、この後の展開の伏線にもなっている。
#26 レントンくんとハップくん
ちなみに、最後の最後まで激情をほとばしらせるホランドは、ハップとは違う形で「神話」に依存していると考える。
やる瀬無い感情をぶつける所が無く、守りたい者の為にやれる事は何だってやるという凶悪さを兼ねた、強烈な反発心を持つホランド。
反面、こんな事態は起こしたくなかったと考えている節が見受けられる。その相反する精神状態を強固にする為に、「神話」に依存しているでのはないだろうか。
そんな感情がここのシーンでは見て取れる。

ホランドが生き抜こうとして決起した行動は、生きる為に闘う方法の一つではあると思う。
だが、理不尽な状況や精神的な弱さから逃げたくて、他人を巻き込んでいる行動なのだろう。
そういった意味では、このハップとの会話のシーンはホランドの人間性を魅力あるものとして描いてあると、管理人は感じた。)

対してホランドは、デューイ・ソレンスタム少将を暗殺し、第277機動部隊を全滅し、自分達の目的達成の為にどこまで人を犠牲にするのか・・・?という弱気とも見受けられる言葉を吐く。
それでも尚、ホランドを焚き付けるハップ。
自分達の目的達成の為に協力をする様、レントンに対して説得を続けても、彼は月光号クルーを人殺し集団としか見なさないだろうから応じないであろう。それどころか邪魔をするだろうと。
もう何をしても自分達の罪は消えないのだから、薬を使ってでも少年を活用する事に覚悟を決めろと訴えるハップ。
対してホランドは、「俺はただ、子供を巻き込みたくないだけだ・・・・」と言う。
(月光号クルーが殺してきた人間達の中には家族が居る人もいるだろう。それで「子供を巻き込みたくない」とは今更な言葉である。
これは、目の前の少年に精神崩壊を招く様な薬を用いてまで、目的を果たさなければならない事に対しての迷いや、揺らぎ、弱音を持った描写なのではないだろうか。
この矛盾した気持ちの揺れ動きが、実に人間らしい描写である。TV版の頃からあった人物描写だ。

尚余談であるが、トークショーにおいて藤原さんがホランドの人物像に対して、「生々しい人間とはああいうモノだと思っていて・・・」という事を言っていた。もうめちゃくちゃ同感です。
その為か、藤原さんにとって「エウレカセブン」は自身のキャリアの中でも特別な作品になっているみたいな印象を受けた。{以前に、ラジオでの名塚さんの発言で、「自分の好きなキャラクターの3本の指に入るのがホランドだと、藤原さんが言っていた」というのもある。}
管理人もTV版の人物描写に惚れ込んだクチである。この藤原さんの発言は、とても嬉しかった。)

「俺達だって、本当は子供だろう」と反論するハップ。
そこにアラートコールが鳴り響く。またもや軍に見つかったのだ。もう猶予は無い。
この戦闘終了後にレントンに薬を使う事を、ハップに約束するホランド。
戦闘配備の為に走り去るホランド達。
その近くにあった売店(と思われる)部屋から出てくるエウレカ。全部聞いてました・・・・・


追撃艦隊の報告がブリッジでされている頃、艦長のタルホは廊下でうずくまっていた。調子が悪いらしい。通りがかった(?)ホランドが駆けつける。
(ここのタルホの台詞がリアルでいい。10代の孤児である女の子が妊娠すればこう思うわな。
ちょっとゾクゾクするわ。セリフの選択が凄い。)

#40 エウレカちゃんとタルホちゃん
一方、レントンの危機を知ったエウレカは、彼を月光号から逃がすべく監禁されている独房へと向かう。
追撃艦隊からKLFが射出される中、タルホの替わりにホランドがブリッジに立つ。
その異変に、寿命が尽きかけているのではないか? と問う、KLFライダー・ヒルダ。
今はそんな事よりも目の前の危機を退ける事が大事なんだと、吼えるホランド。
・・・・・藤原ホランドの演技がスゴイです。
(タルホは寿命では無かったが、彼らが相当にひっ迫している状況にある事が描写されているシーンだ。
そして、その雰囲気に拍車を掛けるのは音楽!もうね、サントラ買いますよ。
TV版の頃から「エウレカ」は、音楽の使い方が凄くイイと感じる。インタビューなんかを漁ると、音響監督の若林和弘氏の力も大きいみたい。)

そんな中、レントンとエウレカは互いに譲らない主張を言い合っていた。
レントンを逃がしたいエウレカと、エウレカを連れて共に脱出するんだと主張するレントン。
エウレカはレントンを説得しようと、自身が抱えている「使命」について語りだす。
自分の身体にはクリスタルがあり、今迄生きてきた全ての情報(記憶)が詰まっている。軍の人間が言うには、その情報をイマージュが欲しがっておりその情報を元に、人間を滅ぼす手立てとするのだろうと。
(この言葉を見ると、エウレカ自身はイマージュの思惑が軍の言う通りなのかは判別出来ていないみたい。
先にも書いたが、TV版と同じで、何も知らない白紙の状態で発生したのだろうと考える。
また、ここのシーンは、イマージュに対する人間側の対応も描かれている。未知の物に対する恐怖がこういう思考を生むのであると。
これらは京田監督の特徴の一つであろう。

ところでエウレカが言う「使命」に関してだが、様々な実験・拷問の際に人間側に言われている可能性と、イマージュとしての本能としても、そう感じる所があるのではないかと、個人的には推察する。
例:「イマージュから使命を帯びてきているんだろ?あぁん?」とか取調べされる、みたいな。)

でもレントンが酷い目に合うなら、そんな使命は果たさずに死んだ方がイイと言うエウレカ。自分が死ねば情報はイマージュに渡らず、人間が滅びる事も無いから。
この船(月光号)の人達が何をやろうとしているかは分からないが、それには自分(エウレカ)が必要であり、レントンはそれに巻き込まれた。
即ちレントンは自分(エウレカ)が巻き込んだのだ、すんませんと。
だからレントンだけ逃げろという訳である。
この会話の間、月光号は苦戦の真っ最中です。
(TV版では、発生した直後のエウレカは塔州連邦軍に回収され、ニルヴァーシュとの感応能力から軍事利用されていた過去がある。
それをノルブは、白紙のノートに何を書くかは接した者で決まると指摘する。この一連のシーンは、それにちょっと似ている描写であると感じた。)

「最後にレントンに会えて、もう充分」とかイジラシイ事を言ってるエウレカちゃんにキレ気味のレントンが反論する。
ここの三瓶さんの演技、イイですw
(小説を読んでると、レントンがいかに苦労してエウレカを求めて生きてきたかが描いてあるので、レントンに感情移入してしまう管理人。)
エウレカが居ないなら意味は無い!!と、エウレカに熱い告白をするレントン。
虚勢を張っていたエウレカは、そんなレントンに弱音を吐いてしまう。「助けて・・・・」と。
(この後のデートへ繋がるシーンである・・・・・・ ; *´ Д `*)
二人の熱いシーンの中、月光号は最大のピンチ。意を決したホランドは、クルー達に後を託して特攻覚悟で出撃しようとする。その時ニルヴァーシュが出撃。
敵戦艦を全て撃破。敵KLFは撤退していく。
レントンはエウレカを守る為に、軍に敵対して人を殺してしまったのだ。
レントンが覚悟を決めたシーンである。

ニルヴァーシュの凄まじいまでの戦闘力を見たハップは神話の一説であろう言葉を語り、疑問を呈す。
(神話では、戦う事なく敵意を鎮めたという。
ハップの伏線2つ目・・・・あぁ、ハップ。

ハップの言う神話の一節であるが、これはTV版のニルヴァーシュを表現したものである。
トークショーから得た情報から考えると、TV版47話でスカブの中に入ったレントン達を、スカブコーラルが認識しているとの事。
{羽の生えたエウレカは、ここで認識した事になる。ブックレットにも記述あり。}
その際に、ニルヴァーシュがセブンスウェル現象を用いて敵のアーキタイプを行動不能に陥れている事を知ったのだろう。これが神話の元ネタになったという訳だ。)

戦闘は終結したのに、月光号艦内にロックオン警報が鳴り響く。
ニルヴァーシュが月光号に対してロックオンしているのだ。
レントンはホランドに質問する。
月光号クルーの目的は?自分達(エウレカ・レントン)に何をさせようとしているのか?と。
#20 レントンくんとホランドくん
ホランドは答える。
自分達はただ生き延びたいだけ。その為にあの実験で見たネバーランド(あの星)へ辿り着く事だと。
(小説の記述を参考にすると、ゾーンの中で分解された身体は、その異次元空間に馴染む様に書き換えられたのだろうという。
だから、その時見た光景にあった「あの星」へ行けば、自分達の身体の時間の流れは止まるだろうという理屈。
ただ、すでに書いたが小説の設定と劇場版の設定はどこまで正確にリンクしているのか判明していない。ここにある補足の考察は、管理人が小説を読んで劇場版とリンクしてそうな設定を取り上げているだけなのだ。あくまでも個人の憶測。

また、絵コンテ第3稿での設定を見ても、ある程度の予測は立つかと。

劇場版も小説版も、月光号クルー達はネバーランドに行ったからといって自分達が生き残れるかに関して、確証を持っている訳ではないみたい。
どうにも追い込まれた挙句に、神話再生計画に一縷の望みを託して行動を起こしたのではないだろうか。

あ、ネバーランドに対して、一応劇場版では「永遠に時が止まった世界といわれているらしい」という説明はある。)

それにはドーハの悲劇と同じ実験をしなければならない。(ゾーンを通る為。)
そんな折、ワルサワ研究所はドーハの悲劇が起こった実験よりも成功確立の高い実験計画、第7次E懸案神話再生計画・通称 エウレカセブンを画策している事をホランド達は知った。この計画の主要アイテムであるエウレカのクリスタルにはイマージュと融合する為のパスワードが記録されている。
その融合の際にはゾーンが開く。そして、その鍵となるのがレントンだと。
だから自分達の目的達成の為にレントンとエウレカが必要なのだと言う。

更なる質問をするレントンを制止して、手を組まないかと提案するホランド。
自分達はこの世界では生きていけない。お前達(レントンとエウレカ)もこの世界では運命を共にする事は難しい。だったらこのまま戦いに明け暮れて、いつ死ぬかもしれないエウレカと共に生きるよりも、俺達と一緒にネバーランドへ行かないか?と。
説得工作2回戦目。
(イマージュと融合した後にエウレカはどうなるのか?この時点でホランドがどの位の確証を得ていたのかは不明。どうにもならない世界に生きるよりは、二人で生きていける世界を作れる可能性に掛けた方がイイという所か。)
その提案を受け入れるレントン。で、二人はデートへ。
レントンはエウレカを守る為に軍と戦った。そんな自分とホランド達は、変わらないと感じたから提案を受け入れたのだろう。
また、エウレカを助ける手段として、掛けてみようという気持ちもあるかと。
(ここのシーンでレントンが言う、軍だけでなくイマージュをも殺してしまったという言葉から、エウレカに対する配慮が見受けられる。TV版でもあったね。

デートの時に言うエウレカの「ネンネ」とは、夢が見たい・・・という意味もあるのでは無いでしょうか。)



シーンは変わり、世界中のアーキタイプが原因不明の暴走をし出す。
(劇場版では、モンスーノはトップドッグいう名称。)


更にシーンは変わり、ハップとストナーが「アゲハ神話」を元にした絵を見て疑心を募らせる。
神話の内容とは違い、敵を撃破したニルヴァーシュ。
「アゲハ神話」の乙女には翼が生えていたのに、エウレカには翼が無い。
これを引き金にハップ達も暴走し出す・・・・・
(ストナーもかよっ!  ; ´ Д `)
先にも書いたが、TV版47話においてスカブコーラルは羽の生えたエウレカを確認している。これが神話の元ネタになる。
つまり差異はあれど、TV版と同じようなアプローチを平行宇宙で新たに出会った人類に対して行っている訳だ。)

#50 エウレカちゃんとレントンくん らすと



つづく!


--- HOMEに戻る ---

関連記事

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。