スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポケットが虹でいっぱい」考察と、小説と、5月31日のトークショー ~改訂その 2~

~その 2~
劇場版「エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」
の考察を、小説を読んで得た知識と、2009年5月31日にテアトルタイムズスクエア新宿で行われたトークショーを鑑みて試みる。
(2012年4月に、部分部分を改訂しました。変な文章とか、考察のアラとか。)


この記事はネタばれしています。なので、読みたいという奇特な方が居たら、「続き」をクリックして下さいませ。お目汚しですがどうぞ。
まだ映画を観てない方でしたら映画の内容が分かってしまうので、「ポケットが虹でいっぱい」を観て、ココを思い出して頂いた時にまたお越し下さると嬉しいです。
なお、記事中にある () で書かれている黄色い文章は、管理人の推測・考察・疑問です。





[劇場版を観た人には尚更、小説はマジでおススメです!]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい (角川スニーカー文庫)

TV版 47話を合わせて見合わせると、劇場版が理解し易くなると思います。

[こちらは参考までに。amazonのレビューも参考になると思います。多元宇宙に関して理解を深められる本です。原著:ミチオ カク(日系アメリカ人の理論物理学者)]
パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ

[こちらも、amazonのレビューがとても参考になる(?)本です。原著:ブライアン・グリーン(アメリカ合衆国の物理学者)]
エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する



この記事は、小説から得た知識と、『公式ガイドブック』と、『CONTINUE Vol.45』と、映画のパンフレットと、『Web ラジオ 「フジワラでいいカナ?」』を聴き、ゲストで来ていた京田総監督の「設定的には繋がっている」との発言を踏まえ、5月31日のトークショーを鑑みて、劇場版を考えています。
(ただ、小説の全てが劇場版とリンクした設定では無い様子。管理人なりに、劇場に足を数回運んだ現在までの解釈と、小説に記載されている設定を合わせて考えてみたいと思ったのだ。小説での、劇場版とは密接に関連していないと思われる設定は省き、なるべく劇場版を基準に考察してみる。)
|
|
|
|
|
|
|
|
|
失踪した第303独立愚連隊・月光号内でダチュラを打つクルー達。後ろでは人民軍からの通信が流れている。

(「人民解放軍 東部方面隊第277機動師団より月光号へ~」という内容。臨検を受けるようにという警告がされている。)

ここでのホランドとタルホのやり取りから分かる事は、ホランドは以前 350-Zと呼ばれていた事。その 「350-Z」も、「ホランド」も、自分の名前では無い事。自分達は未来を奪われた存在であり、それを自らの手で取り戻そうとしている事だった。
そして、今追ってきている人民軍との戦闘体勢に移行する。
#48 ホランドさん
(タルホはここで、「雷激戦用意!」「IKFをフェイズ・アゲハに移行!」という発言をしている。この事から人民軍の戦闘艦が追って来ていて、軍に敵対行動を取る事は分かる。
ただ、軍事関係に疎い管理人は IKFの意味が分かりません。色々調べたんだけど全く分からない。軍事的用語として使われているのは理解出来るんだけど・・・必要なアイテム{エウレカ・レントン・ニルヴァーシュ}が手に入ったから、月光号クルーの目的を遂行する為の「フェイズ・アゲハに移行」という意味だと考える。)

人民軍との戦闘に入る月光号に気付き、動揺するレントン。
(追ってきたのは人民軍の最新鋭戦闘艦。考えられるのは、最重要機密確保→失踪までの見事な手際に対する月光号に対処する為とか、たまたま月光号の失踪航路の近くに居た部隊だったとか、色々。まぁ、そんな理由はどうでもイイと思うので、以上終了。
ちなみに、この最新鋭戦闘艦はTV版の銀河号。銀河号は月光号に使われた技術を応用されている最新鋭戦艦。
あ、戦闘相手のAFXという機体を縦横無尽に破壊する描写の絵コンテには、「ガルド顔負けのスーパートリックでかわしまくり」という記述あり。ガルドというのは、「マクロスプラス」という作品の登場人物の事。)



シーンは変わり、またもコーダの推理。場所はワルサワ研究所からトゥーロン国際大学へと移していく。
(ドーハの悲劇の孤児達が暗殺事件の真相を握っているとしたら、情報を得る意味でコーダ達はここへ来たという事。


また、劇中では出てこないが小説の記述によると、ドーハの悲劇の際に真っ先に救助活動に駆けつけたのはデューイ少将で、「イマージュに対抗する為にもワルサワの研究者は必要じゃん?」と、軍上層部に訴え、ワルサワ研究所への重い処分を軽減。
その後、研究者と懇意にしていたデューイ少将は、ワルサワ研究所で開発されるトラパーを利用したシステムや兵器テスト(KLF・コンパクシステム・リフボードとか)及び実験テストを、子飼いの第303独立愚連隊にさせていたという描写がある。
これで人類はイマージュへの対抗策を手に入れ、デューイ少将は相当出世したらしい。
ちなみに、神の鉄槌計画遂行の中心人物もデューイ少将だそうな。


余談だが、小説の執筆は、完成した脚本・絵コンテを元にしているのが、巻末の南プロデューサーの解説から窺える。{杉原さんが、いくつかの裏設定を聞いている可能性もあるだろう。}
小説独自の展開・人物描写もあるので、小説に書かれている事の全てが設定的に劇場版を補完してくれる物では無い。
だが、トークショーでの京田監督の言葉として、「怪獣」 「ミライ」という言葉が使われていた事から考えると、小説から劇場版に対して、ある程度の設定を補完出来る内容は見受けられると考える。)

#44 マリアさん

コーダの推理・考察は以下になる。
犯人は、デューイ少将を暗殺→ホランド・ノヴァクを殺害→ホランドになりすまして第303独立愚連隊として軍内部に潜入→最重要機密回収作戦に参加・これを強奪→イマージュの融解現象に乗じて失踪。
以上の観点から、(目的は未だ不明であるが)ドーハの悲劇で生き残った孤児達の仕業ねこれは!てな感じ。
(ホランド・ノヴァクは孤児達の保護者であった。そして、現場にはダチュラの注射器があったから。まぁ、説明を入れる程の事では無いのだけど、TV版を見て大好きになった人が劇場版を見ると、混乱して物語が頭に入り難い方も居るかと思う。
で、一応書いておいた。
うっかりでは無く、わざわざ現場に注射器を置いたとしたら、それは恐らく虐げられた者達からの執念を込めたメッセージかと思われる。)


また、孤児達とは無関係であるレントン・サーストンという少年が第303独立愚連隊と行動を共にしているとの調べもついた。ここでレントンの経歴がユルゲンスから語られる。
両親はドーハの悲劇の首謀者であり、すでに死亡。
その後、人民解放軍・幼年学校に入学するが、カルトの子としてスッゴイいじめられるも学校では優秀な成績を収める。
それは、幼少の頃から一緒に居る幼生KLF・ニルヴァーシュとの交感能力によるものとされる。
(レントンの学生証のある記述では、東京杉並人民解放軍幼年学校とある。
生年月日は、2040年12月8日。TV版では、11990年2月28日。

ここのシーンは小説を読んでいると大変理解し易い。
と言うのも、この時代の8年間余りの描写がなされていて、レントンの心理がどの様に動いているかが理解し易いのだ。
その1でも書いたけど、絵コンテにも描写はされていたが、ほぼカットされて一部がこのシーンに使用されている。
また、劇中では幼生ニルヴァーシュが大きくなり、装甲を付けられてKLFへと換装していく描写あり。)

そして、第303独立愚連隊へ所属する経緯、今も同道しているとの報告を受けるコーダ。
(ここでのケンゴウの笑い顔は、後で17歳と聞けば、「あぁナルホド。それであの笑顔か。」という印象を受けた。)
「社会へ恨みを抱く少年」 「(第303独立愚連隊の)中心に居るのが妥当じゃないかしら・・・」と、報告された事柄から抱いた推察・感想をコーダが言う。
(レントンが中心に居ると思うコーダの思考は、この後にモリタらから説明を受ける前なので至極当然であろうと思われる。下手をすると、孤児達はレントンに対して恨みを抱きそうではあるが、ドーハの悲劇で人生を狂わされた者同士であるなら結託してもおかしくは無い。

また、孤児達が第303独立愚連隊になりすます事が出来た理由は小説に見受けられる。
ドーハの悲劇の被害者達である孤児達は、救助された後に特殊な身体的特徴を備えている事が判明した。
トラパーに干渉しやすくなったのだ。
この事実は格好の実験体となり、様々なシステム・兵器開発に役立ち、軍に配備される前のKLFのテストパイロットでもあったらしい。
そして、トラパーに干渉し易いという事はアーキタイプとの交感能力も上がると考えられる。
{アーキタイプとの交感能力が高いと高度な操縦も可能になる。と、パンフレットに書いてあるヨ。レントンもそういう設定である事はユルゲンスが語っている。}
この様な孤児達であれば、なりすますのは充分に可能であろう。
なので、デューイ少将に特別な性癖があったという噂は、あくまでも噂の様子。
ていうか、350-Z達が流した偽装情報という事になるだろう。

ただし!
小説の設定がどこまで劇場版とリンクしているのかは不明なので、これが正しい答えでは無い。
毒殺だって可能だし、答えが明示されていない限り可能性は有限なのだ。

また、絵コンテ第5稿には、以下の様な説明があったらしい。
{半年前、へコノ基地でガス爆発が発生し、240人が死亡するという事件があったというくだりが脚本にあったそうだ。}
実はこれはガス爆発ではなく、小型の反応弾を使用した意図的な物で、被害者の正確な身元もまだ判明していない。
ホランド達はその「事故」を意図的に計画し、「事故」により身元不明となった軍人の籍を利用して軍隊に潜り込んだという物であった。)
#45 タルホさん


#30 モリタさん
推理・考察から核心へと迫る展開がやってきた。残された資料から、ドーハの悲劇の核心をモリタがガッツリ喋ります。
(ドーハの悲劇の生き残りである子供達が、自らを「ネバーランドの子供達」と名乗っていた事も語られるのはこのシーン。)
ワルサワ研究所にはイマージュの叡智が集結していた。
それらは、最重要機密・人型イマージュから引き出したモノである。人型イマージュは7体確認されており、それらに実験・拷問をしてイマージュの情報を引き出していた。
そうしている内に研究者達はイマージュの叡智に触れ、畏怖や畏敬の心をも抱く様になったそうだ。
そして、人型イマージュ・検体番号006 通称アネモネと(名付けはドミニク)、40名の戦災孤児達を使って何らかの計画の成就の為の実験をした事が、残された資料から分かっている。
(これは小説を考慮した上での考察だけど、ワルサワ研究所の研究者達は、イマージュとの接触・交渉を狙っていたのではないだろうか?
その為の神話再生計画にレントンの父母が絡んでいた可能性はあるだろう。

ちなみに小説によると、神話の流布は、人型イマージュから語られたという描写がある。それを考えるに、神話はイマージュ側からのメッセージで、神話を元にイマージュとの接触・交渉を行う為の実験が神話再生計画であったと思われる。
{トークショーでも似たような事を京田監督が言っていた。使った言葉は、「イマージュが神話を流布しつつ、エウレカを送り込んだ」という事であった。}
ちなみに、絵コンテ第3稿においては、デューイによる「箱舟計画」なる物があったそうだが詳細は後述する。
絵コンテは第5稿まであり、第5稿からも更に変更点がいくつもあるそうで、収録されていた絵コンテは【脚本第6稿】といっても良い内容であるらしい。
しかも、その【脚本第6稿】と言っても良い絵コンテでさえ、本編とは少々違う描写や尺による削除等々が見受けられる。


また、カルト化した研究所が「ヴォダラク」と名乗ったというのも、TV版でのヴォダラクとコーラリアンの関係に関連して見えて面白い。

あ、そうそう京田総監督の言葉によると、アネモネの前の5番目までの人型イマージュは死んでるそうな。公式ガイドブックのインタビューで語ってます。)



モリタの言葉を繋ぐ様に、ドーハの悲劇の核心はホランドからレントンに対して語られていく。
月光号クルーの面々のアバターを見せつけ、自分達の本当の年齢は17歳である。そう見えないのは常人の3倍の速度で成長しているからで、それはある実験でモルモットにされた事が原因であるというのだ。
その実験の際、自分達と桃色の髪の少女と若い軍人(ドミニク)が船に乗せられ、船はイマージュへと向かっていた。
(この時、後ろには黒系色のスピアヘッドがある。
THE・ENDでは無くスピアヘッドなのが興味深い。この実験の首謀者と目されているレントンの父・チャールズに関連させているのだろうか。
また、この中に居るのが幼生ジ・エンドという事だと思われる。)

やがて周囲が虹色に輝き、船はバラバラになって放り出された。そこには虹色のトンネルがあり、身体は分解されていった。そのトンネルを抜けると、ある光景を見た。TV版最終回の、あの月がある青い星を。
(ゾーン=虹色のトンネルの向こうは異次元空間・多次元宇宙の地球であったと思われる。

また、トークショーでは、TV版の地球をコーラリアン達が飛び立つ時に最後に見た光景があの地球だった、という事を言っていた。)

#2 ホランド・ノヴァク 17歳
その世界こそが自分達が行くべき世界だと言うホランド。
実験で被った被害は大きいが、自分達が目指すべき場所が分かったという意味では、レントンの両親に感謝している。
なぜなら、その実験の結果がドーハの悲劇であるから・・・・。
(絵コンテ第3稿には、デューイによる「箱舟計画(仮称)」が、この実験だったという設定があったそうだ。
あくまでも第3稿での描写なので、ヒントとしてという記述がブックレットにあった事を付記しておく。

デューイは、イマージュの力を利用すれば、別次元にあると思われるイマージュの侵攻を受けていない地球に行く事が出来ると予測したそうだ。
そこでこの実験では、アネモネと対のドミニク、ホランドが言う所の居なくなっても問題無い戦災孤児達多数を乗せてイマージュに送り込んだ。
だがその最中、イマージュの本質に気付いたドミニクは、アネモネを失う恐れを抱き計画を途中で放棄。実験は失敗に終わる。
その際に出現してしまった「時空の狭間(仮称」へ落ちてしまわないように、ドミニクは身を挺してアネモネと孤児達を逃す。
が、それ故にドミニクはその身体を消失させてしまう。

と、上記のような事が第3稿の絵コンテには、描写されていたそうだ。)


再びモリタによって言葉は紡がれる。
ドーハの悲劇の際には、超重力子崩壊を招き数秒間のブラックホールを出現させた。ワルサワの研究者達はこれだけの科学技術を、「アゲハ神話」という物語を解析して生み出したという。
(小説によると、これが原因でイマージュの活動が活発化。
融合範囲の拡大と同時に、トラパー領域も広がる。
{スカブが広がったって事だろう。スカブはトラパーを噴出するのだ。}
それまでは南極大陸を中心に限定的に活動していたイマージュだったが、ドーハの悲劇以降、人類の生息地域は縮小の一途を辿る。

劇場版ではここまで酷い状況に追い込まれているかは判別出来ないが、ドーハの悲劇が人類にとって痛手を被る出来事であったのは間違いないだろう。
ここでモリタが差し出す「アゲハ神話」の資料の一部と思われる紙がある。
リュキぺディア。)



再びホランドへ。
気付くと元の世界に戻っており、若い軍人は消えていた。
ホランドはこの運命に抗う覚悟を言葉にする。
しかし、その言葉を聞いてもレントンには通じなかった。
(ホランド達の悔しさや気持ちは分かるけど、それで人を殺して他人を巻き込んでいる行動は、ある意味逃げとも取れる。
神話にすがり、行きたい場所へ行くという気持ちは分かるが、それはレントンからすると受け入れ難い行動であった。
これが終盤の壮絶な空中戦へと繋がる。)

ホランド達がやろうとしている事に「レントン」は必要なのだが、ここでの、ある意味同情を誘う形での説得は失敗に終わったのだ。
(小説では孤児達・月光号クルーの見た目に差があるのは、ダチュラの効果や使用頻度、加齢の仕方に個人差があるからという記述あり。
その為、40名の中には老衰で無くなった者も居たとの事。)




つづく!


--- HOMEに戻る ---

関連記事

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。