スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドトラック 2

「エウレカセブン」 サウンドトラック 2
は、2006年4月5日発売。 2枚組み。
第3・4期のOP&ED曲をTVサイズで収録。disc 1は、佐藤直紀さんの楽曲がメインで、TVシリーズ後半で使用されていた曲が主に収録されている。disc 2は、テクノ中心の構成。

[サントラ 1と同様、ブックレットのインタビューが興味深い内容です。]

サントラ 2は白色が基調色。初回限定版には、吉田健一描き下ろしのステッカー封入。


今回のブックレットのインタビューは、京田知己監督と若林和弘音響監督に、音楽面から「エウレカセブン」の世界観を形作る際に関しての話しを。
佐藤直紀さんと、シリーズ構成の佐藤大さんの対談では、佐藤直紀さんの楽曲の使われ方に対する考え方が伺えたりと貴重な話しを聞かせてくれている。
また、テクノ関連の曲を提供してくれた方達の紹介も、サントラ 1同様に載っているので親切な作り。(管理人はテクノはよく知らないから助かる。)

特に管理人が印象に残っている言葉は、佐藤直紀さんの「映像がよくなければ、音楽ってなにをやってもだめなんですよ」。 この一連の言葉は、色々な佐藤さんのインタビューでよく拝見する。音楽が褒められる時は、映像がよく出来ている、とかね。
この謙虚さにも惹かれるんだけど、理にかなった言葉でもあって感銘を受けたのだった。


16. 「最後の希望」は、45話でのイズモ艦艦長の名演説の場面が印象深い。
17. 「失踪する魂」は色々な所で使われているけど、26話で、まさにエウレカが失踪し始める場面で使われている所が管理人は大好き。
あ、22. 「虹」もちゃんと収録されてます。
disc 2は、劇中で使用されていない曲も収録されていて聴き慣れない人もいるだろうけど、聴けば案外馴染むもので、ブックレットの解説を読みつつ拝聴するのもイイと思う。短い楽曲もdisc 2には収録されているので、こちらも楽しめるかと。(ラジオ ray=outでも使われている曲、多数あり。)
『サントラ1の記事』でも書いたけど、TVアニメーションが好きな人なら、間違いなく好きになれるサントラ。と思う。






関連記事

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。