スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEF iQ7

スピーカー KEF iQ7
は、2005年発売のトールボーイ型のスピーカー。
KEFは1961年創立の、イギリスにあるメーカー。
iQ7を購入したキッカケは、10万円台で手に入るトールボーイ型のスピーカーを探していた際に見つけた。
この当時、『XQ10』が発売されたばかりであったが、XQ10はブックシェルフ型だったのでiQ7に決定。
他メーカーも視野に入れていくつかの店舗に足を運んだけど、自分の耳に合っている印象だったのでKEFにしたのである。
KEF iQ7
3way3スピーカー
周波数特性/ 40Hz~40kHz
インピーダンス/ 8Ω
クロスオーバー周波数/ 250Hz~2.8kHz
許容入力/ 15W~150W
出力音圧レベル/ 90db
マキシマム出力/ 111db
14.5kg
ツイーター/ 19mm (165mm UNI-Q ~同軸2ウェイユニット)
ウーハー/ 165mm

[iQ7の生産自体は終了。 2009年5月現在、購入は可能。 でもこの時点でなら、XQシリーズを探した方がイイと思います。中古で安く手に入るなら別だけど。]
  『KEF JAPANによるiQ7の紹介(詳細なスペック情報はコチラをどうぞ。)』


[この記事を書いている時点での視聴環境。]
SACDプレーヤー/ 『マランツ SA7001』
プリアンプ/ 『マランツ PM-15S1』
スピーカー/ KEF iQ7
RCAオーディオケーブル/ 『QED Qunex4S』
スピーカーケーブル/ 電力線(VCTF 2mm)
電源ケーブル/ 『shima2372 極太3ピン(CDプレーヤーに使用)』
         『ON TEC 橋本電線 オヤイデ仕様電源ケーブル』(プリアンプに使用)
電源タップ』/ 『オヤイデ電気 OCB-1 EXs』



  KEF iQ7に関しての個人的評価と感想
2年近く使っているけど、今でもまだ充分に満足している。出力する音にもよるけど、歯切れも良く、音の粒立ちがキレイな印象。傾向としては、温かみを感じさせる音が出ると、管理人は感じている。
全般的に言えば、管理人のような初心者がオーディオ機器を揃えていき、そんな中でも常に平坦に応えてくれつつ音を出してくれる印象だろうか。
(良くも悪くも中庸的な印象か。)

クラシック、ジャズ、ポップス、打ち込み系、等々、なんでも一通りこなしてくれるように思う。
ただ、打ち込みよりも管弦楽の方が得意な気はする。
これは上記のような理由から来る物だと感じるが、管弦楽や女性ボーカルの艶やかさは素晴らしいと思う。
(ジャズを聴いている時、ピアノやチェロ等の音が弾む感じは好き。)
重低音を好む方には物足りない面もある。付属しているスポンジを最下部のユニットに詰め込むと低音が増すので、それを利用するのも手ではある。

UNI-Qの効果があるのかはなんとも言えないのだけど、音像定位が取れた時の臨場感は凄いと思わされる。
(「Pure」のSuaraさんの歌声とか、感動する。音量を上げると、目の前で歌唱と演奏が繰り広げられている錯覚に陥る事には単純に驚く。)
沢山のスピーカーを試した訳ではないのだけど、これだけの雰囲気を味わわせてくれるのは大変嬉しいものだ。


  総括
このお値段でこれだけ音を楽しめるでのあれば、コストパフォーマンスを充分感じられる製品だと思う。
傾向としては管弦楽の方が得意なスピーカーだと感じるけど、一通りなんでもこなしてくれると思うので、充分にオススメ出来るスピーカーである。
また、上記にも書いたが、音像定位をハッキリとさせて音楽鑑賞をすると、ちょっとたまらないものがある。

管理人の様なオーディオ初心者がまず手を出す製品として、または、所持しているミニコンポよりも少しグレードを上げていきたいと考えている方には、この辺りの価格帯の製品が良いのではないかと、個人的には考えている。

iQ7
三点スパイクが付属してあるので、設置は創意工夫をすると楽しいのではないだろうか。

iQ7 接続端子
コチラは接続端子部分。
下側の接続端子を見ると分かるけど、ケーブルを入れる所が一つしか無い。
(プラスチック製のキャップ状の部品は、ケーブルを差し込む穴が一つしか無いのだ。)
管理人は全く気にならないけど、気になる人はなるだろうから念の為にアップした。
あと、これも気になる人もいると思うけど、KEFの中国工場で組み立てられているので、[MADE IN CHINA]表記です。音には全く関係無いと思うけど、駄目な人は駄目だと思うので念の為・・・・

また、猫を飼っている方は、爪とぎの餌食にならない様に気をつけましょう。

[以下にiQ7と似た価格帯の製品を置いておきます。参考にでもなれば幸いです。]

こちらのFocal製のスピーカーは、購入候補にしてました。ヨドバシカメラで試聴させて頂きましたが、明るくて素直な音がキレイに鳴るなぁ、という印象でした。

    


    


    







関連記事

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。