スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#17 「La Vie en rose」

第17話 「ラ・ヴィアン・ローズ」
は、関東圏では2012年8月24日の深夜に放送された。個人的なメモも兼ねて、気になる点等々を挙げておく。そんな訳なので、見てない人には流れがよく分からない表現や文章ですが、自分に向けてのメモ的要素が強いので御了承の程を。

あついし、いそがしいし、時間を下さい。


  OPに関して
前回でチーム・ゴルディロックスが消えた事でOPも変化。
ゴルディロックスの3名のIFOパイロットがニョキニョキ出てくるカットが、ハーレクインの面子に変化。
それと、ゴルディロックス隊のIFOに変わり、謎の物体が空を飛んでいる。
なんだこれ。IFO?
京田監督のツイートで少しだけ情報があったので、小ネタに書いておきました。


  17話 A-PART
そろそろ伏線の回収が始まりそうな17話という感じ。
エウレカとスカブが時間を跳躍して、ヨハンソンブックの中身も少し明らかに。


○ 16話で出現する事になったノースポールライトをナメで、クオーツカプセルを射出する為に変形してそのままのポセイドンのカットから始まる。
クオーツの塊が変化した物体を【クオーツガン】と呼称し、その影響を話し合っているゲネブルの皆さん。

ノースポールライトは8世紀の頃から知られる現象で、アオの記憶障害と思われる発言を元に考察していくと過去改変が行われたのではないかと、ハンナママとラジクマール君が言う。
アオも話しに参加したいようだけど、ハブられる。
(これはあれか、平行世界も存在するという事で良いのかな。
そう捉えればOPのSpec-Vに似た存在も納得はいくのだけど。)

○ シーン変わって、先日行われた職員一斉検診の際に異常が見つかった者が数人。
どうやらナルと同じ症状らしい。
アップになるレントゲン画像の名前は、【ERCILIA CANALES】さんという女性の方らしい。
この前のシークレット発生以後、同様の症状を抱えた人達が世界各地に居るとの報告があると、レベッカの口から語られる。
(穿った見方かもしれないが、これは地球がスカブに覆われる前兆に繋がったりしないのかな?
スカブが唯一持つコミュニケーション手段の【融合】って、これの事じゃないの?)

事を重要視しない様子のスタンリーを見るレベッカの眼差しは、険しい表情を見せている。


○ シーン変わって、磐戸島のプラントコーラル。
シークレット信奉者達が抗議活動。
FPの屋根には【CLEAN GAEA】(クリーンガイア)とある。
(この方達はヨハンソン文書をも読んでいる可能性はあるな。)

4話で出てきた青年、再登場。
抗議活動団体からの砲撃(火薬無し)に驚いたプラントコーラル職員に突き飛ばされる形でよろめき、青年が落下。死亡。
青年はスカブに取り込まれた後、ナルと共に現れると息を吹き返していた。
(光の粒子が舞っている描写あり。)

そこへ駆け付ける警察の皆さん。
(救急車は後で来るのか?
それとも、青年に息が無い事から事件として扱う為に警察を呼んだのか?)

ナルは現状、テロリスト扱いになっているらしい。
足元のスカブからSpec2が出現。
スカブが隆起現象を起こす。
プラントの従業員や警察の方々は無事だと信じよう。
(駆け付けた警察車両は那覇市ナンバー。)


○ シーン変わって、パイパイ隊のアニメの取材中。
Twitter情報によると、この二人はアニメ誌の人で、実存のモデルが居るとの事。

後ろにあるイラストは、あかつきごもくさんの手による物。

クオーツ秘匿の件でゲネブルは世界から非難の目を向けられているらしく、スポンサーに圧力が掛かりパイパイアニメが打ち切りになるという噂があるらしい。


○ シーン変わって、ガゼル商会へと赴くアオ。
シークレット、スカブ、エウレカ、クオーツ、トゥルース、等々。
思い悩む事は沢山あるものの、ガゼルはシークレットの言い分が正しいと思っているのだろうか。

アオの告白を受けてハンが取り出したのは、【改訂完訳版ヨハンソン文書 「ヨハンソンブック」 堺三保】であった。
表紙が怖い。
16話での政府発表会見の後でナカムラから手渡された物。
ナカムラのセリフを見ると、何かしらの手段や方法を用いて世界の改変を行おうという試みがあるのだろうか。
(ナカムラの後ろにはヤマオカも居る。)

ハンが語るヨハンソンブックの内容は以下の通り。
■ スカブとシークレットによって歴史(世界)はねじ曲げられている。
それを政府の一部は知っている。
(どこの政府?アメリカ?)

■ 昔からヨハンソンは、もう一つの世界を幻視する事があった。
(もう一つの世界の方が、実存の世界と近い世界観なのか。はぁはぁ。なるほど。)

■ 10年前の沖縄で一人の少年と出会ったヨハンソン。
その少年も、もう一つの歴史(世界)を知っていて、ヨハンソンは彼を養子に迎えている。
また、その少年の話しを聞いて記録をした。
(あの時スカブに取り込まれた人型シークレットが、やはりトゥルースなのか?)

■ スカブもシークレットも存在しない世界はスカブバーストが無く栄えており、世界人口は70億人を超えている。
一方コチラの世界の人口は、35億人弱。
(最初の頃はコチラの世界が実存の世界と近い世界観と思っていたんだけど、どうも違う。
あ~、監督の言う、トランプの大富豪みたいな事をしたいという形がかなり出てきてるな。
詳細を知りたい人は、太田出版から発売されている「FIRST EDITION」というムック本を購入しておくれ。)

■ 1908年にシベリア一帯で連続スカブバーストが発生。これにより、ソ連並びに中国北部が大打撃を受ける。
戦後(1955年)の日本・首都東京にて発生したバーストで日本の復興が遅れた。
以上の出来事も、もう一つの世界では起きていない。
(つまり、ソ連も中国も大国という程に力を持たなくて、この10年はバーストが起きていなかったアメリカが大きな力で世界に威を馳せているという所なのか?
10話でのゲオルグによると、アメリカではこの10年スカブバーストが発生していない。)

■ コチラの世界ともう一つの世界では、宗教にも変遷があるらしい。

■ もう一つの世界にはトラパーも勿論存在しない。

■ もう一つの世界では、核分裂エネルギーが利用されている。
コチラの世界で核反応炉施設を設計・建築した場合、そこでスカブバーストが起きた場合は取り返しがつかない事態になるので、開発は頓挫する事に。
(ここのカットで使用されているイラストは、田川秀樹さんの手による物。)

■ ヨハンソンは、もう一つの世界の方が正しい歴史だと考えている。


以上。
思っていたよりも俗っぽい内容だったけど、これが事実なら平行世界があると確定して良いようだね。
サードエンジンに関しての記述があるのかどうかは、今後の展開待ちかな。
無いかもだけど。


○ シーン変わって、何かを思いついたかのようにゲオルグにクロエ達の事を検索させるアオ。
(端末のモニター表示下部には、アイルランド・ベルファストという文字が見える。)

一方、取材を受けるフレア達。
エレナはパイパイアニメのストーリー監修をしているらしい。
(ここの一連の慌てるフレアは素直に可愛い。)

アオを呼びに来たフレアとエレナは、アオとゲオルグの話しを立ち聞き。
(ノアはカメラ目線。)

クロエ達3名は消滅した訳では無くコチラの世界でも存在しており、過去改変が起きた事でノルウェーのプラントが無くなり、クロエとメイヴはIFOのパイロットになる可能性が無くなったという事。
(マギーは香港かシンガポールに居るとの事。)

ゲオルグはシークレット頭部とリンクしている感じ。
エレナは色々知っている感じ。


○ アイキャッチ
episode:17 Johansson`s book
ヨハンソンブックの全容はまだ明かされてなさそうだけど、とりあえず「AO」世界の解明が少し出来そうな印象です。


  B-PART
○ アイキャッチ明け。
アオは休みを貰い、アイルランドのベルファストへ。
クロエとメイヴの確認をしようとするアオ。
ゲオルグ(頭部シークレット?)は、人の幸せのあり方について哲学的な話しをする。

メイヴとクロエの目線が隠れる演出は、クオーツガンを撃った事で人の生き方まで変えてしまった事実を確認出来ない、アオの心境を表したものだろうか?
(4話で母の道程を追い求めると決意したアオの気持ちは時に迷う。
ここのシーンもそう。
17話終盤のシーンで、1話終盤で発せられたセリフと共にアオの決意は再び固く結ばれる。)


○ アオを迎えに来たエレナとフレア。
エレナのセリフ。
「アオ、君の事が分かるのは私だけよ」
元ネタがなんだかうろ覚えだけど、この場合はそこじゃなくて、エレナが姉説を強固にする為の物である可能性があったりしない?
(ん~?
ひょっとして妄想かもだけど、エレナってアオなんじゃないか?
上手く考えがまとまらない。ちょっと考える。
13年前に磐戸島に落下したエウレカが産んだのはエレナだと仮定。
すると14話でアオの「姉が居る?」発言に驚くトシオは、エレナを知っている事で辻褄は合う。
11話でゾーンのような所を通ろうと(?)したエレナを抱きかかえていたのは、ダイアンの服を着たアンマー・エウレカ。
あ~・・・・・あ?ん~・・・・ あと、4話でイビチャにアオへの伝言を頼むトシオの言葉も少し気になる。
「お前も巨人に乗れば、同じ事になる」(一部抜粋)というセリフ、当時からなんか変なセリフだなと思っていたのだけど、マーク1に乗ればアオも大変な目に合うぞ~的なニュアンスなのだと捉えていた。
だけど、ここに来て思う。
あのセリフって、エウレカが何か起こした(過去改変とかね。)事をトシオは知ってるという意味合いが含まれてたりして。
まぁ、今の段階ではまだ妄想だよなぁ。
ん~、違うかな?)


○ シーン変わって、どこだか分からない海中に発生したスカブコーラル。
海上へと浮上した為トリトン号が出動してクオーツ回収作業をしている最中、どこだか不明な国が所有権を主張。
国旗を見ると中国の国旗に似てなくもない。
(ここでも、世界からゲネブルへの猜疑心を表す演出。)

クオーツガン暴走。お外へ。
マーク1と勝手に合体。
お口みたいな所が開いて、スカブのクオーツを回収。
(クオーツを元にして、あの歴史改変のエネルギーにするって事か。)

どこかの国の軍がマーク1へ攻撃開始。
マーク1が逃げた先ではトゥルースと遭遇。
「これだ!俺が探していた物は!」と、クオーツガンを見つけて喜ぶトゥルースさん。
(嬉しそうな顔が可愛い。)

トゥルースの攻撃で海中へと沈むマーク1。
コックピットには、幻のアンマー・エウレカが姿を表す。
ここからエウレカさんの説明で、クオーツに関して色々と判明。
(ここからのエウレカ絡みのシーンは、吉田健一さんの作監パート。
アオの険しい表情とか、今作では貴重な吉田作画です。
この前のシーンのトゥルースにも、吉田さんの手が入ってるような気がしないでもない。)

エウレカとアオのやり取りから見える点は以下に。
■ クオーツは時間と空間を飛ぶ事が出来るが、それを自由に扱う事は出来ないらしい。
(不器用なタイムスリップが可能という事ね。
「交響詩篇」世界で起きているスカブ消失現象の理由が分かると、もっと色々見えるんだけどなぁ。)

■ 10年前の沖縄から、巨大クオーツと一緒にエウレカは別な時間へとジャンプ。
クオーツだけは戻ってきたが、エウレカは制御出来ないジャンプに巻き込まれる形で時間と空間の狭間に取り残された。

■ そのエウレカは、まだ数日の時間経過しか体感していない。

■ その時間と空間の狭間が「AO」の世界と一瞬重なる時に、幻のアンマー・エウレカが姿を現せる。
(エウレカが居る場所は不確定で、時間の流れも異なるのね。
後は、「シークレットは敵じゃない」、「アオはスカブを滅ぼさなければならない」という言葉の意味だよなぁ。
ジャンプする事で、スカブが人類との対話をやり直そうとしていると仮定したと妄想すると、いくつか符号が合う点はあるんだけど。
あくまでも妄想だけど、スカブが過去へタイムスリップしてきた場合は「交響詩篇」の歴史とは変わってくるので・・・・・という事。)

■ クオーツガンが完全な物になれば、エウレカの元へ辿り着ける。

■ クオーツガンはレントンがずっと探していた物であるとの事。
また、アオの父はレントンだと、明言される。
以上。

1話のセリフを吐いて、アオの覚悟が決まる。

浮上したマーク1がクオーツガンを装着すると、モニターには【KONPAKUDRIVE IS ACTIVATED】表記が。
(コンパクドライブ積んでるの? マーク1に?クオーツガンに?)

クオーツガンをトゥルースに向けるアオ。
「撃つか・・・撃てよ!撃ってくれ!そして世界を変えてくれ!
お前はスカブコーラルの子だ。俺はヨハンソンの息子。
なら闘うしかない! それが運命だ!!」
と言うのはトゥルース。
これはアオとトゥルースが色々な意味での対の立場にある事を表しているのだろうけど、それ以外にも設定的な意味で、ヒントが埋められている気がするんだよなぁ。

世界を改変してしまう恐れがある以上、アオはクオーツガンを撃てず。
そんな中、連合軍のIFO隊が飛来。
ニキ・タナカからアオへと通信が入り、保護という名の投降(?)を呼びかけられる。
フレアとエレナの援護を断って、アオは連合軍へと行くのか・・・?

17話終了。


  スタッフに関して
脚本は會川昇さん。

作画監督は、出雲誉明さん、村井考司さん、石橋翔祐さん、吉田健一さん。
吉田さんはエウレカ登場シーンの所ですな。
アオも吉田ちっくな作画で、個人的に嬉しかったです。

メカ作画監督は、水畑健二さん。
所々に水畑さんの手によるキャラクター作画も見えた気がしますが、違うのかな。

今週のキャラクター監修は織田広之さん。

原画には阿部慎吾さん、竹内志保さん、杉浦幸次さん、水畑さんのお名前が見えます。
竹内さんって、効果線入れる作画してる?
むむ~。分からん。
ていうか、あの効果線を入れる作画は誰なんだ。巧いんだが。

絵コンテは水島精二さん、演出は三浦陽さん。
水島さんは「ガンダムOO」や「鋼の錬金術」(最初の方)の監督でも有名な方ですな。


  小ネタに関して
いつも通りTwitter情報から。
Twitterを利用している人からすると要らない情報だと思うんだけど、利用してない人が居てそんな人が万が一にも「AO」に興味を持ってここへ来た場合は、書いておいても損は無いかなと思って記してます。


パイパイアニメのイラストを担当した、あかつきごもくさんのツイートから。
「夕方つぶやきましたがもう一度!本日深夜放送の「エウレカセブンAO」17話にてちょびっとお仕事させて頂きました~!
TBSで25:55~放送です~!」

自分は存じていませんでしたが、色々と見てみると独特なタッチが凄いですね。
ああいうデフォルメはアリでした。
普段描かれているイラストもネットで拝見したのですが、やはり特徴のあるタッチと手慣れた感じに技術とセンスを感じてしまいました。
あぁ、凄いわ。
      |
      |
以下は京田監督のツイートから。
「今回はUN-GOやガンダムOOでお馴染みの水島さんにコンテをお願いしました。この話数の脚本制作中からコンテを水島さんにお願いしたいと思っていたので、引き受けていただけてラッキーでしたし、上がりも狙い通りでとてもありがたかったです。」
以来をしようと思った理由を具体的に伺いたい所ですよ。
いつも気になるんだよなぁ。

以下は、京田監督と、ゲストイラストレーターの田川秀樹さんのやり取り。
京田: 「で、今回の話数で特筆すべきなのは二人のゲストイラストレーター様の存在です。まずは本の挿絵を描いていただいた田川秀樹さん。
昭和の学童誌のイラストみたいなものが欲しいと考えていたのですが、以前から気になっていた田川さんに駄目元でお願いしたら快く引き受けていただけました。ヤッター!!」


田川: 「うわー、監督もったいないお言葉!!前作から拝見しておりましたので、エウレカに関われて最高に嬉しいです!!今回お会い出来なかったのがとても残念です。
仕事抜きで構いませんので、機会がありましたら気軽に声をかけて下さい!!」


京田: 「参加していただき本当にありがとうございました!こちらの都合で直接お会い出来なかったのが残念なのですが、今後とも是非、宜しくお願いします!!」

田川: 「こちらこそどうもありがとうございました!!エウレカセブンAOの今後の展開を楽しみにしております!」
なんだか田川さんの「エウレカ」好きな気持ちが、字面から見えるようです。
同士です。


更に、もう一人のゲストイラストレーターのあかつきさんとのやり取りを以下に。
京田: 「もう一方は劇中アニメのキャラクターイラストとして参加していただいた、あかつきごもくさん。上がりを見せていただいて社内スタッフが盛り上がったのは言うまでもありません。
このキャラのスピンオフアニメ、見たくなりました。」


あかつき: 「うわぁ!大変嬉しいお言葉ありがとうございます~~!!参加させて頂いて嬉しいです~!!とっても楽しく描かせていただきました!!
素敵なキャラクターがいっぱいで、他の子もどんどん描きたいくらいです~♪」

いや、お世辞抜きで良いイラストだと思います。
ポップなレタリング文字も良いんですよ。
ああいうのはもうセンスだなぁと思うのです。


以下は、OPの変更点に関しての監督のツイートです。
「今回からOPも、ちょこっと変更しております。あの子たちがあの子たちに変わって、でもってアレの代わりにアレが登場です。
特にアレの原画は竹内志保さんです!(キリッ)」


「代名詞しか呟いてねぇ!」
アレの正体を知りたいのですが、まぁ当然ながら説明はありません。
今後を楽しみにしています。


以下は、17話に出てきたアニメ誌の取材の人ネタに関して、會川さんがツイートした事に対して反応した京田監督に、更に小森高博さんが反応する流れのやり取りです。
會川: 「あまり話題になっていないが、アニメ誌の取材の人がTシャツ一丁なのは、画期的なリアルさですね(笑)」

京田: 「海外で取材を受けて、あの格好が万国共通なことを知りましたw」

小森: 「MさんとMQさん!」

京田: 「に、似てるのは気のせいです、偶然です!!」
この流れはここで終了ですが、この後で小森さんが軽くバレをツイートします。
小森: 「AOのゲストキャラとか時々作らせてもらってますけど、発注の時に実存の人物、役者さんっぽい感じで、とかオーダーされる事が多いですけど、17話のアニメ誌スタッフを、ライターの○○さんと△さんで!
とかなんて監督から言われてませ、ま、、あれ?なんでお二人の写真がココに、、。」

なんだか軽いコントみたいですが、見ていて可笑しかったです。
ありがとうございます。
制作の裏話的要素もあるので、そこも注意点です。
また、この流れとは別に、會川さんとアニメスタイルの編集長・小黒祐一郎さんと堺三保さんとで、このネタで大変盛り上がってました。
凄い長いので、そういう事があったとだけ付記しておきます。


監督から、追加的に以下のような事が。
「(ボソッと)トリトン号のパイロット達も実存の人物がモデル」
      |
      |
動画検査の岩長幸一さんのツイートから、京田監督が反応した流れを以下に。
岩長: 「そうか・・・・エウレカ誰も気づいてないのか~」
京田: 「...ワタクシも...気づいてない...かも」
岩長: 「ウッソぉ~ん・・・・・」
京田: 「土壇場直しがいっぱいあり過ぎて...ど、ど、どれの事なのか.......(吐血)」
あぁ、無理だけはしないで、倒れるなら「AO」の制作が終わってから休んで下さい。
期待してます~。


  個人的に思う事
伏線の回収が始まった事と、アオの心理描写が丁寧に1話から描かれている事が面白さに繋がっています。
個人的に。
そこはブレてないっすわ。

あと、まだ明確になっていない事がいくつかあるので妄想の域は出ないのだけど、10年前の沖縄で巨大クオーツとエウレカが別の時間にジャンプした事がキーなのかも。
14話のエレナが、エウレカに対して激情を見せた理由もそこにある気がする。
で、その場に居た幼少時のトゥルースは、もう一つの世界を知っていて、「世界は間違っている」と言う。

とりあえず物語が加速している印象なので、最後まで楽しみにしたいと思います。

あ、次回予告ナレーション付きは、公式サイトの[STORY]→[EPISODE]にある、17話の項目の左下の動画で見れます。

17_convert_20120911151331.jpg

関連記事

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。