スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIXレコードバレンタインイブイベント

FIXレコードバレンタインイブイベント
に行ってきた。抽選に当たったので行ってきた。とりあえず人妻チョコ目当てである。

開催日:2011年2月13日(日)
開場時刻:18:00 開始時刻:18:30
開催場所:AKIHABARAゲーマーズ本店8Fイベントホール

  イベント開始前までに関して
仕事を休んで、10数年ぶりに秋葉原へ足を運んだ。
昔の記憶よりも変貌した景色にビックリ。なんじゃこりゃ。
呼び込みがうざい。
開場時間よりも早く秋葉原に到着したので、少し早めの夕食を取り会場へと向かった。
ちなみにオムライスを食べたのだが、そんなに美味しくなかった。

会場となる『ゲーマーズ本店』へ入り、整列し、入場して、席に着いて開演を待つ。
開演までの時間は物販コーナーが開かれた。
(この物販コーナーにおいて本日出演するアーティスト3人の関連商品を購入すると、3人のサイン入り色紙が貰えた。管理人は未購入です。すみません。)

設営された座席の狭さに辟易しつつも、初めて訪れた会場の設備を観察。
正直な所ちょっと不安になったが、贅沢を言ってはイケナイと思う事にする。

開演時間を迎えると、マルチディレクターの有村さんが司会を務める形でイベントがスタートした。


  イベントに関しての個人的感想。
イベントの流れは以下のように進行した。
      |
      |
1) 有村さんとFIXレコード3人娘のグダグダトーク。(良い意味で。)
2) 津田朱里さん、上原れなさん、Suaraさんの順で一曲ずつ歌を披露。
(ちなみにSuaraさんの曲は「桜」)
3) 有村さんとFIXレコード3人娘のグダグダトーク2回目。(良い意味で。)
4) 有村さんからの促しで、津田朱里さんの曲をもう一曲披露。
(今回のメインプロモーションなのだろうと思う。)
5) 3人によるチョコお渡し握手会。

      |
      |
前半のトークであるが、バレンタインデーにまつわる3人の話しや、お客さんからの質問に答えていく形で進行していた。
質問は有村さんから会場のお客さんに対して促された物で、そこで声を上げた1人の男性から「歌手になろうと思ったキッカケは?」といった内容の質問がなされた。
客席から見て右側に位置する津田さん、上原さん、Suaraさんの順で、その質問に答えていく。
最初の津田さんはFIXレコードでデビューする経緯を語っていた。
その後上原さん、Suaraさんと話しが移っていくに従い話題が脱線していき、質問の答えとしてはイマイチなまま終了。
(ツッコミ不在。グダグダ最高w)
      |
      |
歌パートであるが、津田さんと上原さんの生歌を管理人はこの日初めて聴いた。
会場の設備のせいか歌を存分に堪能するまでには至らなかったけど、伸びがあって可愛らしい声の津田さんや、しっとりして落ち着いた雰囲気の上原さんの歌声が聴けた事は、素直に良かったと感じました。
      |
      |
Suaraさんは「桜」を唄われていた。
これは現時点では「アクリプラス」という配信サイトにて、着うたフルとしてしか配信されていない楽曲である。
前述したように音響面では期待が持てないので唄声を重視して聴く事に専念した。

管理人は「桜」は未聴であったが、詞がすんなりと頭に入ってきた。
その理由の一つとして思えるのは、シンプルな詞の構成の為かもしれない。
詞の内容は、春に離別する男女を描いたものである。
焦点になる言葉を選び抜いたとでも言うか、書かれた言葉に無駄が無いとでも言うか、とにかく一聴しただけでも詞の内容が分かり易く、しかも情緒を感じられる作りになっている印象。

「ライブでしか聴けない歌があっても良いかなと思って・・・」と言うSuaraさんの言葉があったので、その辺りも考慮して初見で聴いてもイメージし易いように制作された詞なのかもしれない・・・・・・と、勝手に邪推してみる。
「桜」は松岡さん作曲という事もあり、管理人の好みでした。
      |
      |
後半のトークは、3人各自の告知がなされた。
ここで「Pure2」の話題が出た。
相当にこだわって制作されている事が語られていて、発売がとても楽しみである。
(Phile Webの『「F.I.X. RECORDS「Pure2」制作現場レポート(1) 」』記事で、詳細なレポートが掲載されています。)

発売は5月下旬だそうです。
      |
      |
また、3月に行われるライブ「朧月夜で逢いましょう」に関しては追加公演の検討もあったのだが、会場の都合が付かない為に叶わなかったらしい。
チケットの注文が予定枚数の3倍近く来たそうなので、次回のライブでは公演日数が増える可能性は充分にあるだろう。


  総括
仕事があったので、最後のチョコお渡し会はチョコだけ頂いて、早々に引き上げてきた。
(Suaraさんに聞きたい事があった事を、後で思い出して激しく後悔するも時すでに遅し。)
2011.2.13 チョコお渡し会
このチョコお渡し会での段取りがいまいちで、お客さんによっては1分以上も3人と会話する人が居た。
管理人の後にはまだ結構な数のお客さんがおられたので、後半に行くに従い3人と話す時間に隔たりが発生してしまう人達が居る可能性があったと思われる。
(最後まで見届けた訳では無いので確実な事は言えないのだけど。)

もし次にもこのようなイベントがある場合は、しっかりやって貰いたいものだと感じてしまいました。
(偉そうな事言って、ごめんなさい。)

チョコは特製で、3人の写真がプリントされた包み紙が特徴である。
『DECOチョコ』にて詳細が分かります。興味のある方はどぞ。)
美味しかったです。

追記として、強く印象に残った事を2つ記しておく。
Suaraさんの発言によるものだが、下川社長の3人に対する評価めいた事で、以下のような物であった。
Suaraさん、上原さん、津田さんの順に、「うざい」「こわい」「頭がよわい」である。
ああ、なるほど・・・・と、なんとなく納得がいくこの不思議。
それと、津田さんはなんだか色々面白い人だった。
(良い意味で。)


久しぶりな秋葉原とか色々と戸惑った部分はあったものの、楽しい時間を過ごしてきました。
大阪でのスナック「夢路」で話した人にも幾人か出会えたし、管理人にとっては有意義な出来事でした。
2011.2.13 チョコお渡し会 (1)


    




関連記事

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。