スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suara LIVE2010 ~歌始め~ 2日目

Suara LIVE2010 ~歌始め~
である。
開催日は、2010年1月3日
開場時間は、16時、開演時間は17時からとなっている。

会場は東京・渋谷にある『O-EAST』である。

少し用事があったので開演時間15分前の到着になってしまい、現地に到着した時には既にホールが一杯の状態であった。
来場者は昨日の公演よりも入りが良く、ホール内の後ろに設置されている階段までかなりの観客が陣取っていた。
割って入っていくのもはばかれるので、管理人はその後方にある階段に陣取る事にした。
この階段が丁度良い高さであり、ライブを観覧するには良い位置であった。
ステージは遠いけど。

この日の会場にはビデオカメラが設置されており、パッケージ化されると分かった。

09.1.3 ~歌始め~


  ライブを通して個人的に感じた事
  [セットリスト]
01 adamant faith
02 一番星
03 赤い糸
04 舞い落ちる雪のように
05 蕾-blue dreams-
06 pray
07 夢幻の丘
08 春夏秋冬
09 星座
10 太陽と月
11 星想夜曲
12 花詞
13 キミガタメ
14 天使がみる夢
15 クロール
16 アオイロの空
17 Free and Dream
18 夢想歌
  [アンコール]
19 明日へ-空色の手紙-
20 トモシビ
21 また会えるその日まで


あくまでも個人的な感想なので、そこは予め御了承の程をお願いします。 また、ライブの詳細は『Suara LIVE 2010~ 歌始め~』(BD・DVD 1月3日公演収録)と、「Suara LIVE 2010~ 歌始め~」 [Hybrid SACD](1月2日公演収録)に収録されているので、そちらを是非にご覧になって下さい。
基調色の青が美しい映像と、ライブ音声が楽しめます。
      |
      |
○ 演奏にミスがあったりするが、それは生演奏ならではの楽しみでもある。


○ マネージャー、グッジョブ!
(ライブDVDを見れば分かります。)


○ カリフォルニアの彼、本日も参加。
(お疲れ様です。)


○ 2曲目の「一番星」ではバンドと噛み合わない場面があるものの、気合いが入っている様子のSuaraさんの唄声を堪能する事が出来たライブであった。
1日目のライブよりも音響の設定が変わったのか、聴き易かったという印象を持つ。
(管理人は音楽的知識が無いので、これは気のせいという可能性大。)


○ 「クロール」は最高でした。
(素晴らし過ぎです・・・・管理人的に名曲なんですけど。)


○ MCの内容は、1日目よりも2日目の方がパッケージ向けな印象。
(そのような訳で、1日目の方が気軽に話していたような印象がある。2日目は落ち着いて話している印象。ちなみに、どちらも面白かったです。)


○ 2日目はお父さんネタが面白かった。


○ ライブとしての音圧的迫力よりも、ボーカルの声の存在感が際立つ公演だったように感じられた。
そういった意味では、管理人的には1日目よりも2日目の方が好みでした。


○ 会場の盛り上がり方が凄くて、後方の階段から見ていても凄く楽しかった事を覚えています。


◯ 1日目と2日目だが、それぞれに特色があったように感じた。
1日目は観客との掛け合いが軽く、MCはトークショーのような印象を感じる場面があった。
2日目のMCは若干落ち着いていて、その差にちょっと微笑んでしまう。
(あくまでも個人的感想です。)


◯ 2日目の公演は観客数も増えたという事もあってか会場の盛り上がり方が凄くて、その熱気のような気流にSuaraさん自身が乗っていた印象を受けた。
結果、歌唱のパフォーマンスと力感が更に上がったように思われる。


◯ 上記のような理由で、Suaraさんの唄声を堪能したいという管理人の欲求は満たされた。
(特にアコースティックパートが最高。
「星座」、「太陽と月」のパフォーマンスは素晴らしかったです。)
      |
      |
大体そんな感じです。
先述したようにパッケージ化されているので、詳細はそちらをご覧になる事をオススメします。

  総括
兎にも角にも、素敵な時間を過ごさせて頂きました。
スタッフを始めとした関係各社の方々には、一ファンとしてお礼をしたいです。
ありがとうございます。
良い思い出になりました。

管理人にとっては初めて体感したSuaraさんのライブでしたが、ライブに足を運ぶ事でさえ久しぶりという事もあり、色々と勝手が分からずに戸惑う事もありました。
そして、このタイミングをくれた母に感謝したいです。本当にありがとう。
ただ、今までの事を考えると、なんでこのタイミングなんだろうという思いもある。
昼過ぎには普通に話したのにな。うちの親らしいと言えば親らしいのか。
なんていうか不思議なものだなと。
歌始め 戦利品



  



関連記事

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。