スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴム脳市場

「ゴム脳市場」
は、1994年・第7回目の公演である。
作・演出 三木聡
音楽   小西康陽(Pizzicato five)
出演   大竹まこと きたろう 斉木しげる
ゲスト  布施絵里 大堀浩一(デメタン) 藤岡太郎 グリマンデル 工事現場2号


---公演目録---
「鳥かご」
「イチゴ狩り」
「金魚」
「どうしてくれよう」
「あるマゾヒストの遺書」
「東京腰痛クラブ」
「さやかとお父様」
「余剰衣服送付委員会」
「恋人達のゴム脳」 リサイタル




東京公演の場所は、新宿百人町にあるグローブ座。
管理人はこの公演を観覧する当時、大久保駅で降りたんだけど、とても迷った記憶がある。歩いたっけなぁ。

シティボーイズ+ゲストという事もあり、これ以前の公演よりも多彩な登場人物設定がある本作。
3人での寸劇も良いが、色々な局面を切り取れるこの形も悪くないと思う。
「ゴム脳市場」は、この多彩な人物描写を楽しむ事も味わえる公演なのだと思う。
また、ステージのギミックを多用している所も見所かと。

CITY BOYS以外の出演者の印象であるが、布施絵里さんは「鳥かご」での、ハスッパでネジがゆるい女性を演じたり、「どうしてくれよう」での多彩なキャラクターを演じ分ける、起用な女優さんだと感じる。
どことなくエロさが滲み出ている辺りが、管理人の好みです。
(「デカメロン」のミチル、好きでした。)
マキオとミチル

あと、強烈だったのは、「どうしてくれよう」での大堀浩一さんである。
演じる時間は短いものの、その異質なキャラクターの演じ方には思わず笑いを誘われた。
あれは変態以外の何者でもない。

会場を後にする時、販促物であったこのCDを買うか買わないか、駅まで悩みながら歩いたのは今も記憶に残っている・・・・・
結局、買わなかったけど。・・・・すみません。

[「鍵のないトイレ」「愚者の代弁者、西へ」「ゴム脳市場」がセットになったDVD-BOXです。リンク先のamazonのレビューも参考になると思います。]






関連記事

テーマ : 思ったことを書いただけ
ジャンル : お笑い

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。