スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕ライブ2012 ~星想夜曲~ 夜の宴会→レクリエーションパート

「Suara七夕ライブ ~星想夜曲~」 夜の宴会
である。開催場所は、滋賀県にあるラフォーレ琵琶湖 [花宴の間]で、日時は2012年7月15日(日)である。
宴会会場の開場時間は20時となっている。

これは今回のライブで[宿泊プラン]を申し込んだ人を対象にしたイベントで、内容はFIX側によると[ディナー&ミニライブ]という事であった。
が、宴会場はかなりフランクな場で、通常行われるイベントやライブとは違う雰囲気がそこにはありました。


  開演前までに関して
プラネタリウムでのライブが終了して、宿泊参加者は全員ホテル1階のロビーに誘導案内を受ける。
そこで部屋の割り振りを受け、渡された鍵を元にそれぞれが自室へと移動。 
管理人は栃木から来た方と2人部屋。
2011年の「花凛風月」ライブツアー名古屋公演においてスーさんがどちらから足を運んで来たのか観客に問う場面があったのだけど、その際、栃木から来たという男性が居た。
部屋をご一緒する事になった方はその時のその人であった。

この方もライブでよく顔を見かける方なので、部屋が一緒と分かった時は「あ~!いつもお会いしますね~」なんて事を言った記憶がある。
(いい人だったよ~。)

部屋に入ると、折り鶴とスーさんのポストカード(ライブでチケットとして使用されていた物。)が人数分置いてある事に気付く。
そういえばこの折り鶴を使用して抽選会をするという告知があった事を思い出しつつ、今回のライブの記念品としては素敵な品物だなぁと感じた。
折り鶴とポストカード_convert_20120727195350
これが実物。帰宅してから撮影したものだけど。

とりあえず荷物を置き、栃木の方が差し入れてくれたジュースで一服をしてから宴会場へ移動。
(この時点で19時30分前後であった為に、シャワーを浴びて汗を流す時間は残念ながら無かった。)

会場[花宴]は地下1階にあり、開場時間まではまだ少し時間がある。
[花宴]の前のロビーにある、お高そうな椅子に座っているとチラホラと宿泊客達が集まりだす。
世間話に興じていると、本日の演奏メンバーの草部礼己さん、田村太一さん、西村泳子さん、そしてスーさんがエレベーターから降りてくる所を発見。
ライブ後に草部さんと田村さんからはサインを頂戴していたので、西村さんにサインをお願いすると心よく受けて下さった。
本当は『LaLo』のCDも持参してきたのだけど、何枚もサインをねだるのは図々しいかなと思い自重。
(それにしても本当にミーハーですみません。)

スーさんは出演者だから分かるものの、何故に演奏メンバーがこの会場に姿を現したのか聞いてみると、単純に食事をしにきたとの返答を貰う。
なんと、この3名とスーさん、有村さんの5名で同席して、宴会(ビュッフェスタイルのディナー)をご一緒するとの事だ。

そうこうしている内に徐々に人も集まりだし、開場時間を迎える事に。
FIXスタッフの日下さんに部屋番号を伝える事で座席へと案内を受ける。
会場へ入る為の扉が開放されそこを通ると、まずはスーさん達のテーブルが目の前にある事に気付く。
その奥へと視線を動かすと、給仕スタッフの為のカウンターがある。
そのカウンターに沿う形で右に向かった壁際に、ズラッと各種料理が並んでいる。

会場には7名掛けの円形テーブルが7~8卓程設置されており、右方向最奥には小さめのステージがあった。
ちなみに宿泊プラン参加者は49名でした。

[当日の様子がスーさんの日記で紹介されているので、気になる方が居ましたら是非に。]
 『アフターライブ♪食事会~レクリエーション』


Suara七夕ライブ様_convert_20120720154946
宴会の案内がこのように。

  宴会パートに関して
一緒のテーブルに着席したお客さん達と談笑しながら時間を過ごしていると、有村さんから挨拶が。
まずは最初は乾杯という事で、各テーブルにビールや烏龍茶、ジュース等々が配られる。
ステージにスーさんが登壇して、軽い挨拶をして乾杯の音頭を。
(スーさんの衣装はライブの時よりもスカートのの丈が短めで、キレイな膝が見える。よし。)

ステージの前の席がスーさんに近いという事で、そちらのお客さん達がスーさんとグラスを重ねると、ワラワラとあちらこちらの席からお客さん達がステージの方へ移動してスーさんとグラスを重ねる光景があった。
この辺りから結構自由な空間が生まれた気がする。
演奏者の皆さんもお客さんに混じって料理をよそってるし、機会を見つけてスーさん達のテーブルに赴いて話を聞きに行ったりする人が居たり、ライブで顔は知ってるものの普段は会話をする事が無いであろう人達と話たりと、思い思いに料理を楽しんでいましたね。
(なんかもう凄い楽しい時間でした。西村さんの私服も可愛かったです。
料理も美味しかったです。)

食事や会話をしつつ時間を過ごしていると、有村さんからのアナウンスでスーさんが登壇し、トークと唄のお時間に。
      |
      |
  ~ミニライブに関して~
披露された楽曲は以下の通り。
この選曲は、FIX側の意向で事前に宿泊客にリクエストを募り、それを集計した結果である。
(それぞれ3曲選び、FIX側にメール送信という形で投票しました。)

3位 忘れないで(シングルバージョン)
2位 いいわけ(奥井雅美さんカバー)
1位 キミガタメ
(全曲カラオケで披露されておりました。)


「忘れないで」はシングルVerである事が個人的に嬉しい出来事。
なんだか伸びやかに歌唱されているので、気持よく聴いてました。
歌唱後は、作詞・作曲・編曲を手掛けた、Shiloさんの事を語っていました。
ライブにも足を運んでくれた事があるそうで、とても可愛らしい女性だそうです。
(ちなみに「忘れないで」は、ライブではまだ披露された事がない楽曲です。)
      |
      |
「いいわけ」は奥井雅美さんのトリビュートアルバムに収録されていたカバー楽曲。
本人談によると、奥井さんのCDを全部聴いた上で、この「いいわけ」を選んだとの事。
有村さんも「これは本当に良い曲・・・・」というような事を言うてました。
CDで聴いてはいましたが、これを生で聴けたのは貴重だったかもしれません。
      |
      |
「キミガタメ」を披露する際、「この曲を一日に2回も唄うのは初めてですね(苦笑)」とか言っていました。
会場の音の反響が凄くて、スーさんが気持ちよさげに唄っていた事が印象的でした。
プラネタリウムライブの時よりも唄い上げる感じだったように記憶しています。
いや、良かったですよ。
(「キミガタメ」は、2011年の「花凛風月」ツアー東京公演で披露された時の物が凄くて、「あの「キミガタメ」は凄かったなぁ・・・」と、そんな事を思い出してたりしました。)
      |
      |
これでミニライブは終了です。
ミニとは言え、合間合間のトークでは会場との掛け合いも沢山行われて、非常にアットホームな雰囲気な中で進行されました。
普段のライブやイベントとはまた違った空間がそこにはあったように思います。
来年以降、また開催されるようでしたら是非に参加したいです。
      |
      |
  ~プレゼント抽選会に関して~
ミニライブが終了した後は、そのままプレゼント抽選会に流れる。
部屋に用意してあった折り鶴がここで活用される事に。
別途用意していた同じ折り紙から賞品分の数だけ折り紙を引きぬく。
その引き抜いた折り紙と同じ色の折り鶴を所持している人が当選というシステム。

賞品は、ラフォーレ琵琶湖のマスコットキャラクターの『びわっち君』のスタードーム型のおもし、星のお兄さんのCDと、2種類が用意されていた。
それぞれ2つずつ、合計4名様分となっている。

先述したスーさんの日記のコメント欄に詳細を書かれている方がいるので、これ以上知りたい方が居た場合はそちらもご覧する事をオススメします。
有村さんとスーさんと観客達のやり取りがあって、終始和やかに進行していました。
      |
      |
抽選会が終わった後、明日の朝にスーさんが宿泊客達をお見送りする事が伝えられる。
そして、明日急いで帰宅する必要が無い方達はラフォーレ琵琶湖に隣接するスポーツ施設の利用も可能なので是非どうぞとも。
(このスポーツ施設の利用に関しては事前に告知はされていた。)

そのスポーツ施設で明日、有村さんとスーさんが卓球なんかをしている場合もありますので、お時間に余裕がある方は是非一緒にね・・・・と、確か有村さんがそんな風に言い出した事がキッカケになり、時間のある有志の方達が残りレクリエーションパートという時間が出来るのであった。
ちなみに、この話の流れの中で、「皆さん、遊びたいですか~?」と言う言葉がスーさんからありました事を付記しておきます。

次の日の予定は水樹奈々さんのライブに足を運ぶだけで、別段用事がある様子ではなかったようだ。
なのでFIXの側としては(スーさんが?)何かしたいとは考えていたらしい。
ただ、スーさんの言葉を借りると、「皆さんの都合が全く分からなかったもので、急なんですけども・・・」といったような事であるので、次の日の段取りはめちゃくちゃではあった・・・・・・が、とても貴重な時間でしたよ。
      |
      |
  ~記念撮影に関して~
この後写真撮影が行われ、各自持参してきたカメラを用いてスーさんと記念撮影に入る。
ステージ上に次々に呼ばれる訳だが、これはもう軽い羞恥プレイ。
撮って貰ったけど。
(京都から来ているスーさんライブ仲間の方がお坊さんの資格を所持されている方なので、スーさんと一緒に合掌のポーズで撮影されているシーンには笑った。)

宿泊客全員の集合写真を撮影したのはこの後だったと記憶している。
最初は宴会場のステージに皆が集まって撮影をしようとしたものの、人数が人数なので宴会場の外にある大きな階段の方へ移動する事に。
この時撮影された写真が、スーさんの日記にある物です。

この記念撮影で時間が無くなり、残りのサイン会は会場を出た隣のスペースを用いて行われる事に。
(先の集合写真を撮影した階段の左脇に[花宴]のロビーがあるので、そこで行われた。)
この時点で22時前後であった。
リハ→ライブ→宴会→記念撮影→サイン会という仕事をこなすスーさんとFIXのスタッフに頭が下がる思いを抱き始めたのはこの頃。
(ホテル側のご好意で使用許可が出たとかなんとか。)

宴会場を後にする前にスーさんから挨拶があった。
有村さんから促されたのだけど、この時スーさんはデザートの置かれたテーブルの前に居た。
イベント進行上食べている時間はほぼ無かったであろうスーさんは、デザートをつまみそれを口に頬張りながら、有村さんに急かされる形で登壇。
「あり・・・・・(モゴモゴ)」と、意図する所は伝わるものの、口の中の物が邪魔して言い切れてないという最後の締めに観客達からは拍手が贈られる。
      |
      |
  ~サイン会に関して~
アットホームな宴会の流れを受けてかこのサイン会、破天荒な展開が見られた。
簡易に設置されたテーブルと椅子にスーさんが座り、その前に観客達が一列に並ぶのだけど、それは比較的最初だけ。
後半に至るにつれて列など無く、皆がどんな物やどのような言葉を書いて貰うかの鑑賞会と化していたように思う。
自分が見ただけでも、野球のボール(「○ちゃん、明子を甲子園に連れてって~」というメッセージ付き)、バイクのパーツ(?)、短冊色紙に「スアラだよ ドアラじゃないよ スアラだよ」、スピーカーのサランネット、スマフォのケース等々・・・・事前に[好きな物にサインをお入れします]という告知はあったものの、なんか大変な事になってました。


結局の所終了したのは深夜12時過ぎ。
これは流石にマズいと思うものの、FIX側としては切り上げ方が難しい雰囲気でもあった事を記しておく。
(あちら側の立場であった場合を想像すると、正直同情の念しか思い浮かばない。
本当にすみません。お疲れ様です。)

我々参加者は良いけど、スーさん本人はリハを含めてずーっと仕事をしている訳である。
勿論スーさんにとっても楽しい時間は沢山あるだろうし、充実した瞬間も結構ある事だろう。
とは言え、それと疲労は別な所にあって、もし来年もこのような企画があった場合はファン側も少し考えるべき事がいくつかあると思った次第。

この時点で宴会参加者49名が全員残っていた訳ではないのだけど、残った宿泊客はスーさんと有村さんと日下さんにお疲れ様の挨拶とおやすみなさいを伝え、ホウボウに宿泊部屋へと戻っていきました。
これにて、宴会パートは終了です。

本当に長い時間のお勤め、ご苦労様でした。


  田村太一さんに聞いてみた
サイン回の最中、田村太一さんが何故かその場でくつろいでいる所を発見。
(全員の集合写真でも最後列に居ます。)
草部さんと西村さんは帰りの時間が迫っているので、一足先に会場を後にしたとの事。
そんな訳で、こんな機会は活かさないとダメだと思うので田村さんに聞いてみた。
ちなみに、田村さんの周囲には自分だけでなく数人の方が居らっしゃいました。

記憶にある限り思い出して、下記に箇条書きにしていく。
正確な語句ではないので、そこの辺りはなんとなくこんな風だったと受け取って頂けると幸いです。
      |
      |
○ ライブのリハーサルは、都合2回行われたらしい。
少ないのではないかと思ったものの、この面子で行うライブはこれまでにも数回あるのである意味こなれているといった所なのだろうか。
(その辺り突っ込んで聞けなかったのはコチラの不手際です。)

○ ライブ前のリハは短時間で終わらせた。
気になる楽曲をいくつか通しでやったものの、それ以外は感じを掴む程度に留めたそうだ。
(ライブ開始前にプラネタリウムのロビーで待っていた際に、微かに聴こえてきたリハであろうあの楽曲は、多分「キミガタメ」)

○ 愛称の「ぐりちゃん」の由来。
昔々の事、[KAYA]というバンドを組んで音楽活動をしていた頃、ヘアスタイルがドングリみたいに見える事から「ぐりちゃん」と呼ばれるように。
その頃を知っている人は今だに「ぐりちゃん」と呼ぶらしい。
それを聞いた事情を知らない人までもが「ぐりちゃん」と呼ぶので、面倒だからそのまま呼んで貰っているとの事。
(耳のラインから下側を、グルっと短めにカットしていたらしい。)

○ 右手親指の爪を伸ばしているのは、ギターを弾く為。
たまに割れるので、今考えているのはネイルサロンに行ってコーティング加工をして貰う事だという。
ただ、やはり一人で行くのは抵抗があると、苦笑いしてました。
可愛かったです。

○ 田村さんにお話を伺っていた方の中に、昔クラシックギターを弾いていた女性が居た。
その方と田村さんがギター談義に花を咲かせていました。
学生時代に学ぶ教材に共通の楽曲があったり、弦についての話等々をしてました。
(素人の自分には訳が分かりませんでしたが、畑違いの話題を聞くのは新しい体験になるのでとても興味深く聞き入ってました。)

○ ギターの弦の話を。
ナイロン弦とスチール弦の音の違いを田村さんなりの感じ方で説明して下さいました。

○ 両手の大きさが違う。
実際に手を合わせて見せてくれたのだけど、左手の方が大きい。
これは先述した女性とも「そうなんだよね!」と意気投合していて、なんだか楽しそうでした。

○ えらく日に焼けているので聞いてみた所、先日沖縄の方へ行ったそうだ。

○ 最近はジャズライブの演奏の仕事が多いらしい。
また少し変わり種としては、クルーズ船に乗って演歌のバックバンドの仕事が控えているそうだ。
ご本人はメタルやハードロックがとても好みらしいが、仕事は仕事としてキチンとこなす大人がそこには居ました。
あと、近々海外での仕事も控えているそうだ。
      |
      |
以上、こんな所です。
田村さん、いつもお時間があればお話を伺ってしまい、すみません。
ありがとうございます。


  トークの内容や気になった点に関して
自分が宴会モードだったので、いまいち事細かに内容を覚えていないのですが、メモを見ると上記の記事内には書ききれていない点が残ったので以下に箇条書きにします。

○ 星のお兄さんとライブでもっと絡んでも良いのではないかと思ったものの、上手い方法が考えつかなかった・・・・そんな事をスーさんが言っていました。
(観客の反応は良い様子でしたので、来年以降にまた開催されるようでしたら期待しても良いかもしれません。)

○ カバーアルバムを出さないのかと会場から質問があったが、有村さん曰く「まだまだ唄わせる訳にはいきません。」との発言が。
すると会場からは「えーーーーーーっ!!!」という声が。
スタッフやスーさんご本人も、まだまだ上昇志向があるのは素晴らしい事だと思います。
今後も陰ながら応援していきたいと思います。

○ リクエストは1票という楽曲も多かったそうです。

○ 宿泊客からのリクエストでは、「傘」の得票数も多かったそうだ。
これは8月のカフェ&ディナーライブで弾き語りで披露されるという事で、今回は選外となった。


  総括
フランクな空気が漂う空間は心地よく、観客達は思い思いに楽しい時間を過ごしたと思われます。
記事では書ききれていませんが、もっと沢山の話やお客さん達のやり取りがあって、ここにあるのは一部でしかない事を記しておきます。
観客とスタッフ(スーさん含む)側の距離が近く、ファンの立場としてはとても嬉しいイベントであった。
また来年も期待したいが、スタッフ側の負担がもう少し軽くなるようにして下されば、もっと良いかなとも思ったりします。
      |
      |
      |
      |
  レクリエーションパートに関して
「Suara七夕ライブ ~星想夜曲~」 レクリエーションパート
である。開催場所は、滋賀県にある『ラフォーレ琵琶湖 [デジタルスタードームほたる]』の前にある砂浜で、日時は2012年7月16日(月)である。
参加希望者の集合場所はラフォーレ琵琶湖 1階ロビーで、時間は9時50分に集合であった。

ライブ仲間から電話で起こされて、予定よりも早くロビーに降りる。
スーさんと有村さんは、もう既にロビーに居るそうだ。
朝が苦手なので正直シンドイ。
(スーさんライブ仲間の方から、朝9時に食事に誘われていたものの、起きれずに約束を破棄という失礼な事をしてしまうという。すみません。)

ロビーに降りると馴染みの顔が見える中、スーさん発見。
スーさんはなんとジャージ姿。
なんて貴重なっ!

この後はゾロゾロとスポーツ施設へ移動。
ちなみに人数は34名であった。
デジタルドーム「ひかり」_convert_20120720154336
向こうに見える2階部分がプラネタリウム。その下にあるのがスポーツ施設です。

何をしようと言う事になり、誰の発案か分からないがゲートボール(?)をする事に。
ところがこれは早々に却下。
では何をしようと言う事になるのだが、人数が多いので砂浜へ移動という事になる。
ちなみに砂浜には木陰があり、湖からの涼しい風が時折り吹いてくるのが嬉しかったです。
(もうこの辺りからグダグダし始めるけど、なんだか楽しいのでこんな状態でも皆さん面白がっていた様子でした。)

場所の策定と確保をした人が居るのだけど、個人的にこの人の尽力は大きかったと思う。
ご苦労様でした。
スポーツ施設から出る時に、丁度星のお兄さんが通り掛かったので一同で「おはようございま~すっ!!」と声掛けをしておきました。
スーさんとその仲間達一行は、スポーツ施設から無事に砂浜へ移動完了。
有村さんは飲み物と遊具を買いに行くので、群れから一時離れる。

有村さんが来るまで思い思いに会話をしたり、スーさんと話したりして時間を過ごす。
砂浜は家族連れやカップルが多く(主に家族連れ)、ハッキリ言ってコチラの団体が浮いて見える。
アウェーと言っても良いかもしれない。
しかし、琵琶湖で泳ぐお姉さんの水着姿を見れた事はラッキーであったから良しとしよう。うむ。

有村さんが戻ってくる前に有志の何人かで荷物運びを手伝おうと考えたものの、有村さんとは行き違う事になり、結局この行動は余り意味を成さなかったのは失敗であった。

有村さんは飲み物とバウムクーヘンと遊具を買ってきて下さり、皆でこれをありがたく頂きました。
(イベント(?)終了時に皆で代金を払おうとするも、案の定断られてしまう。
無理強いしてお金を押し付けるのは問題があると思ったので、今後も応援していこうと固く心に誓ったのでした。あと、グッズとかCDを買ってお布施します。)

夏日_convert_20120720154634
陽が強かったのです。

  ~質問大会で聞けた数々の事に関して~
遊具で遊ぶというよりも、なし崩し的に質問を投げかけ合う事になった。
純粋に言えばそれ以外の所でも結構色々な話が聞けたので、それも入れて下記に箇条書きにしていく。
若干の言葉の違いはあるとは思いますが、可能な限り思い出してみました。


○ 2012年6月に行われた「アクアパッツァが食べたい」というイベントにおいて、ステージ上のライトがLEDであった。
通常のライトとLEDでは、演者として負担は変わるのかを聞いてみた。
すると返ってきた答えは、「え、あれってLEDだったんですか?」、「いや、熱さという点では昨日の宴会のステージの方が余程熱かったですねぇ(笑)」
という事らしい。
あれ? 予想外。

○ 砂浜には異常な位アリが居て、スーさんはかなり気にしてました。

○ この日東京の方では、「溝らじ」というラジオ番組の公開録音があったらしい。
そちらの方へは津田朱里さんがゲストとして出演するとの事で、スーさんからパーソナリティのお二人にメールしていました。
少ししたら返信が来て、その内容を読み上げてました。
内容は忘れました。すみません。

○ 有村さんが購入してきたスイカボールを膨らますのはスーさん。
膨らます所を見られたくないというので、一行から離れた場所で後ろを向いてスイカボールを膨らませてました。
後ろ姿が可愛かったです。あと、ちょっとシュールでした。

○ 数人が輪を組んでボールで遊んでました。
自由過ぎる。

○ お持ち帰りCDという物があるので、その辺りを突っ込んで聞いてみた所、色々と契約とかあって難しいとの事。
残念。

○ 初キスはいつ頃? という質問がスーさんにされた。
ちなみに質問したのは有村さん。
「事務所NGを出す側なのに(苦笑)」とか、そんな事をスーさんが言ってました。
有耶無耶になってこの質問は立ち消え。
個人的には聞いてみたかったなぁ。

『鼻炎の手術の件』を聞かれたスーさん。
レーザー手術で粘膜を焼く際の事を話して下さったのですが、麻酔が切れた後は痛くてその日一日は眠れなかったそうです。

鼻炎では結構悩んでいるらしく、内視鏡手術で世界が変わると、とある人(忘れた)に言われたそうですがまだ変わってはいないそうです。
病院には有村さんも来て下さったそうなのですが、麻酔が効いて眠っている間に有村さんが写真を撮影したとの事。
後でその画像を見たら「死人だった」とは本人談。

○ スーさん仲間の人達に、恋のお話をちょっとだけ聞いてきました。

○ スーさん日記では有名は[よういち]さん。
ここでも話題になりましたが、結局誰か分からず。
(下の名前が[よういち]さんという方は、昨日のライブに来てはいたそうだ。
それが、かの[よういち]さんかは分からないとは、有村さんの談。)

○ FIXレコードの何処を気にいっているのかという質問だったような気がしますが、それに対してスーさんは「アーティストを育てていこうとする姿勢が云々~」とか言っておられました。
発言した内容はよく覚えていないのですが、会社やスタッフに対しての信頼という物が見えた気がします。

○ 有村さんは昔、美容師として働いていた経験があるとの事。

○ 働き詰めなので正直疲れていないのか聞いてみた所、「今は大丈夫です(笑)」と言った後に、昨夜はサイン会が終わって部屋へ戻るとそのまま寝てしまい、ハッと気付くと5時位になっていて、それからお化粧を落として寝たという。
その後は7時過ぎに起きたのであまり睡眠は取れてないとの事でした。
でも疲れが見えない辺りにプロ根性を見た思いです。
(確かそんな経緯であったと思います。
また、なんかもうこの時点で申し訳ない気持ちになってしまいました。すみません。)

○ 有村さんはAKB48の楽曲も聴いているらしく、仕事人として様々な楽曲をチェックしていると、スーさんが言ってました。
(増田有華さんが所属している(?)ユニットの曲を、車の中で聴いたそうです。
すみません、AKBとか興味無いのでよく知りません。
増田有華さんの唄声は大変魅力的だという事は知ってます。)
      |
      |
以上、そんな感じでした。
結局終わったのは10時30分前後であったような気がします。
あの陽気の中、前日から長時間に渡って時間を割いて頂いたスーさんやスタッフの皆様には感謝の言葉しかありません。
ありがとうございます。


  総括
砂浜からラフォーレ琵琶湖へ一行は移動し、車で帰宅の途につく者、バスを待って最寄り駅へ出る者と、楽しい時間を共有した人達もお別れです。
また何処かのライブ会場でお会いする事もあるでしょう。
スーさんを始めとしたスタッフの皆様、観客の皆様、長い時間お疲れ様でした。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。