スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼンハイザー HD650

ZENNHEISER HD650
である。購入動機は、自分好みの音が出るヘッドフォンが欲しかったから。
既に、『ローランド RH-300』(密閉型)というヘッドフォンを所持している。
しかしながら、このRH-300というヘッドフォンが鳴らす音と自分の好む音は少しズレていたようであった。
それとイヤーパッドの材質が蒸れやすい物である為に、夏場に使用しづらい点も管理人にとってはマイナス点であった。
(モニターヘッドフォンだし密閉型ですからね、RH-300は。自分の不勉強でした。)
あのお値段で明瞭な音と低音がシッカリ出るので、コストパフォーマンスに優れた素晴らしい製品であるとは思う。そんな訳でRH-300は、現在サブとして使用している。
(当時は本当に何も分かっていない状態で購入したので、RH-300に比は全く無い事を一応記しておく。)

[ゼンハイザーの公式HPは以下になります。製品情報ページが充実しているので、興味のある方は是非。]
  『ゼンハイザージャパン株式会社』

  [スペック]
型式: ダイナミック・オープン型
周波数特性: 10~39.500Hz
インピーダンス: 300Ω
音圧レベル: 103dB
質量: 約260g
接続ケーブル: ケーブル長 3.0m(両出し)、6.3mmステレオ標準プラグ
付属品: 3.5mm変換アダプター


HD650.jpg
  ちなみに、主に聴いていたCDは以下の通り。
「チャーリー・ブラウン オリジナルサウンドトラック」(スヌーピーのサントラ)
キース・ジャレット 「スタンダーズ」
Suara 「花凛」、「太陽と月」、「アマネウタ」(後発のアルバム含む。)とか。
LaLo 「Alpha&Omega」、「Grape Tree」、「Location」
「エウレカセブン」サントラ各種
「FINAL FANTASY TACTICS」サントラ
コミネリサ 「風によせて」、「優しい太陽の下で」、「ステキな果実」
スネオヘアー 「フォーク」、「a watercolor」
ICE 「ICE TRACKS Vol.1」、「ICE Ⅲ」
竹内まりや 「Souvenir~LIVE」
高橋幸宏 「ONCE A FOOL,...」
「アナザヘヴン コンプレックス」(TVドラマ「アナザヘヴン」のサントラ)
ジム・ホール 「LIVE!」
「カルドセプトⅡ」サントラ
宇井かおり 「TUONELA」
新居昭乃 「The First Euro tour」、「ビリジアンハウスミュージック」
小柳ゆき 「Acoustic Concert at Orchard Hall」
鬼束ちひろ 「This Armor」、「Insomnia」、「Sugar High」
See-Saw 「Dream Field」
Fiction Junction YUUKA 「Destination」
   etc...


  HD650の使用感に関して
購入してから6ヶ月程経過している。
使用している環境としては、『MARANTZ PM-15S1』というプリアンプのヘッドフォン端子に接続して音楽や映像作品を鑑賞、iPhone3GSのヘッドフォン端子に接続して音楽を聴いていた。
(ちなみに、ヘッドホンアンプはいずれ購入する予定で、今回の記事を書く際には使用していません。)

HD650の音の聴こえ方は、音場が横に広がりを持ち、繊細な鳴り方がすると、個人的に感じた次第。
(あくまでも、管理人の個人的な感じ方なので、そこは予め御了承の程を。)
力強さという点では物足りない人が居るかもしれないけど、自分としては好みの鳴り方で気に入ってしまった。
音の聴こえ方に空間の広さを感じるので圧迫感が無く、ある程度の音量で音楽を聴き続けても問題無い点も嬉しかった。
(とは言っても、ヘッドフォンを使用して大音量で音楽を聴くのは、程々に。)
総体的に物腰の柔らかい音という印象で、高~低域全てにおいて優しい感じの鳴り方と言えば良いだろうか。
これは逆に言うと、人によっては迫力不足と感じるかもしれない。

側圧に関しては、管理人の頭には丁度良いと感じる。
ただし、管理人の頭は成人男子の平均よりも小さいらしいので、注意されたし。
人よりも若干頭周りが大きいなぁと感じられている方であれば、この側圧はキツイかもしれない。
少し乱暴な気がしないでもないけど、側圧がキツイと感じた場合はヘッドバンド部分を広げるなりして自分で調節する事で快適な使用環境は得られるかと。
(ビックカメラやヨドバシカメラ等の大きな店舗には、試聴用に色々なヘッドホンが置いてあります。気になる人はそういう店舗で装着感を試した方が良いと思われます。)
イヤーパッドの材質は柔らかめなので、耳の周囲に対する触れ心地は良好かと思われる。

デザインに関しては、最初の感想はちゃちい印象であった。
見た目がまんま[プラスチック]という点が最大の要因だとは思うのだけど、使用している内に慣れていき、気にならなくなった。
また、イヤーパッドの材質は蒸れにくい物なので、季節を問わずに使用出来るのではないだろうか。
(個人的には、これが大きな購入動機の一つであった。)

なお、オープン型なので遮音性には期待出来ない事を一応記しておきます。

  交換ケーブルに関して
このHD650というヘッドフォンは、ケーブルの交換が可能な製品である。
検索すると、結構色々な方がケーブルの聴き比べをされているので、探してみるのも一興かと。
現状で満足しているので管理人は試していないのだけど、購入後にカスタマイズ出来る仕様というのは音楽を聴く上でも楽しい出来事の一つだと感じる。

[「Phile Web」というサイトにレビュー記事があるので、一応そちらのリンクを置いておきます。興味のある方はどぞ。]
  『いま改めて知るゼンハイザー3つの名機の実力-「HD650/HD800/IE8」集中レポート』


  iPhoneに繋いで聴いてみた
CDデータをリッピングしてmp3形式に変換。設定はCBR 320kbps。
これをiPodアプリに入れている。これがなかなかに好印象。
HD650の性能のお陰だとは思うけど、音の鳴り方が繊細で聴き心地が良い。
管弦楽器の音も、打ち込みの音も、総じて柔らかいという印象であるが、一音一音が繊細に聴こえるので聴き疲れしにくいのはポイントかと思われる。
昔聴いたiPodの音が薄く感じてから以来全く触れてこなかったのだけど、この件でちょっと認識を改める事になった。

これをローランド RH-300に繋ぎ替えてみると、音が迫ってくる印象になる。
低音も増すので、ドラムやエレキギターの音がメインとなる楽曲には最適という感じ。
(そのくせ粒立ちはしっかりしているという。)
ただ、管理人にとっては長時間の視聴をするには刺激が強いかも。


  プリアンプ PM-15S1のヘッドフォン端子に繋いで聴いてみた
あ~、なんだろう。
iPhoneのヘッドフォン端子に直挿しした時より違うだろうとは思ってはいたけど、変わるもんだ。
まず臨場感が違うから、一音一音弾む感じが好ましい。
ライブ盤のCDを聴いていると、弦楽器の演奏においては弦が震える感じが伝わってくる辺りがこれまたイイ。
繊細なボーカルであれば、その聴こえ方が豊かになる感じがして、音楽を聴く楽しみを倍増させてくれる点が嬉しい。
ウッドベースの低音の出方も柔らかくて好きかも。

打ち込み系の楽曲を聴いていると、各音の重なりがよく分かる点に驚く。
上手く言えないけど、出力される音が一つ一つ浮かび上がっている印象なので聴きやすい。分離が良いということなのかな?
早い曲調で音の重なりが多い打ち込み系の楽曲が管理人は苦手なのだけど、上記のような聴こえ方だと苦手な楽曲も楽しく聴けるのは嬉しい点であった。
(このお陰で、「エウレカセブン」のサントラCDに収録されている「Tiger Track」という曲が凄く好きになりました。)

低音の出方に関しては、管理人は満足出来るのだけど人によっては足りないと感じる場合があるかも。
ローランド RH-300で聴くと低音の出方は増すので、好みで機材を選択購入するか、お金に余裕のある人は個性の違うヘッドフォンを数種類使い分けるという手もあるかと。

ローランド RH-300を繋いで音楽を聴くと、音圧が増すように感じる。
聴く楽曲によっては耳に負担が掛かるので自然と音量を下げる事になるのだが、それだと少し不満が生まれるという変なジレンマ状態になる。
イージーリスニング系の気持ち柔らかめの楽曲だと、低音に厚みがあってそれはそれで好きなんだけどな。


  映像作品を視聴する際にHD650を使用してみる
HD650を接続する機器は、上記のプリアンプ PM-15S1である。視聴対象はライブ作品やアニメ、映画である。
これがなかなかに楽しい。
『使用しているテレビ』のスピーカーも結構好きな音が出ると感じているのだけど、柔らかい音と十分な低音の出方に満足。
ヘッドフォンという事もありセリフが明瞭に聴き取れるという点もイイ。
また、音の分離が良いので、人の声・音楽・効果音が適切に聴こえる辺りも好みであった。
(個人的に)効果音がうるさいと感じるハリウッドのアクション映画を鑑賞する際には、ガシャガシャした各種音響が和らぐ点には特に満足感がある。
(そういう意味でも、サラウンド再生には余りこだわってません。サラウンドを楽しみたい時はワイヤレスサラウンドヘッドフォンを使用しています。)
一人で映像作品を視聴する際は、ほぼこのヘッドフォンを使用するに至っている。とにかく楽しいです。
HD650 (2)

  総括
自分の好みに合う音が出るという当初の目的は達成され、総じて満足のいく結果になった。
夜間の視聴には、このヘッドフォンばかり使用している。
現状に満足しているので、ヘッドフォンアンプの購入はしばらく先になりそう。
ヘッドフォンアンプ機能を搭載したUSB DACにしようかと、一応画策していますが、なんだかまだまだ製品がこなれてきそうな気配を感じるので今は様子見という所。

ていうかここ最近思うのは、自分はライブ会場で音楽を楽しむのが一番好きなのだという事。
CD音源も良いのだけど、空気感や臨場感、演奏者やボーカルのパフォーマンス、そういった物を含めて音楽が成り立っていて、それらを一番楽しみたいと思っている管理人なのです。
時間が無くて、簡単には足を運べないのが難しいんですけどね。
まぁ、その為にエントリークラスのオーディオ機器を所持しているのだと思っています。臨機応変に楽しむという事です。

以上を踏まえて記事を書いている事を付記しておきます。


[下記にあるのは、HD650を購入する時に比較検討したヘッドフォンです。参考までに置いておきます。上の段の3機はオープン型です。その下にある2機は密閉型です。AKGのヘッドフォンもいずれは欲しいなぁと思っています。 最下段にあるのは、HD650の交換ケーブルです。]
    

  



スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。