スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスディナーショー 2011 その1

Suara クリスマスディナーショー@大阪
である。開催場所は、大阪にある『フラミンゴ ジ アルーシャ』で、日時は2011年12月18日である。
開場時間は17時、ディナー開始が17時30分、開演時間が18時30分となっている。
席は全席指定で、クリスマスプレゼント付きという形式になっている。
(プレゼントなんてそんな、FIXレコードは気を使い過ぎな気がします。でも、そのお気使いが嬉しいですな。ありがとうございます。)
また、録音も可能という事で、至れり尽くせりとはこの事か。
ディナーショー自体は昨年もこの場所で行われており、これで『2度目』となっている。

[Suara公式サイトは以下をクリック。以前の方が使いやすかったし見やすかったという感じは相変わらずなのだけど、まぁその内慣れると思います。]
  『Suara 公式サイト』

フォトフレーム
ちなみにプレゼントというのは、刻印の入った特製フォトフレーム。「この日に撮影した記念写真を飾ってね!」 という御配慮だと思うのですが、自分の写った写真なぞ見たくも無いので、別な写真を飾る事にします。大切にします。

今回のライブは録音可能という事で、録音したデータを聴きながら記事を書いています。
なので、若干クドい文章になっているかと思いますので、適当に読み飛ばして下さい。


  開演前までに関して
今回の移動手段は車で、高速道路を利用して大阪まで向かう事になる。
Suaraファン有志で開催日前日の深夜に集まって、移動するのだ。
(5thアルバム「花凛」の発売記念イベントにおいて、そういう話しになったのだ。車を出して下さったHさん、ありがとうございます!)
出発時刻は23時で、管理人の最寄り駅集合という好条件でありながら、管理人は仕事が終わらない為に20分以上の遅刻。
すみませんでした。
とんでもない状態の店をそのままにして出てきてしまったが、仕方無い・・・・・
行きはSuara話しで盛り上がり、管理人の知らない話題とかを仕込まれつつ楽しく大阪へ。
到着は早朝5時。
ネットカフェ、食事、サウナ(?)で適当に時間を潰して、開場時間30分前に会場へと移動。

顔馴染みの方達と談笑していると、開場待ちのお客さん達の中にギター担当・田村太一さんの姿を見掛ける。
タバコを吸おうと思ったら、「外へ行って吸って下さいと言われたもので(笑)」とか言ってました。
「田村さんなら、お客さんの中に無理なく紛れる事が出来るよ、と言われました。(笑)」、とかも言ってましたよ。

この時少しだけど、田村さんにお話しを伺う事が出来た。
今迄の「花凛風月」ツアーではシーケンサーを使用して演奏されていた楽曲が、本日では未使用で演奏されると言う。
それとエレキギターを使用するのは3曲のみで、あとは全てアコースティックギターを使用するとの事。
(楽しいひと時をありがとうございます~)

そんなこんなで開場時間を迎えると、入り口において受け付けが始まった。
入金は事前に済んでいるので、身分証明を行った後でチケット発行という流れである。
その後はスタッフに案内される形で会場入り。
テーブルは4人席で、本日のコースメニューが既に用意されていた。
同席の方は、『「花凛風月」名古屋公演』にて栃木から来ていた方と、その名古屋公演で管理人の隣で観覧していた方が偶然にも御一緒でした。
もうお一方は生録が趣味という方で、この方はとても気さくな方でした。
(いやいや、楽しい時間を過ごす事が出来ました。ありがとうございます。)

本日のメニュー
これがコースメニュー。前回のディナーショーではデザートのお供がコーヒーしか無かったのだけど、今回は紅茶がある点が個人的にポイント。ちなみに紅茶はダージリンでした。

  ディナータイム~ライブ開始前までに関して
ディナーを楽しんでいると、程なくしてステージにFIXレコードのマルチエンジニア・有村さんが登壇してくる。
挨拶を済ますと、Suaraさんをステージへと呼びこむ。
Suaraさんから改めて挨拶がされ、お寒い乾杯の音頭で各テーブルでは乾杯が行われる。
『2011年12月21日の、Suaraさんの日記』にて色々書かれています。)
この時Suaraさんは、この日の為に用意されたオリジナルカクテルである「恋の予感」をステージ上から注文。
このカクテルは最下部にシロップが沈殿しているので、スーさんは後ろに設置してあるテーブルにグラスを置いて、自身は身をかがめてグラスを眺めながら攪拌作業をするのだけど、その姿が可愛かったです。

クイズコーナーの参加希望者を募っていたのもこの辺りでした。
希望者は氏名(HN可能)を記入した紙を箱に入れるという形でしたね。
(管理人はスルー。恥ずかしい。無理。)
優勝賞品は、バンドメンバー全員のサインを入れた、「花凛風月」ツアーで使用されていたのぼり旗である事もここで明言されたと記憶しています。

この後は各テーブルのお客さんがステージに上がって、Suaraさんと一緒に記念撮影タイム。 (各テーブル4名とスーさんが一緒のフレームに入る形での撮影です。)

管理人からすると羞恥プレイ以外の何物でも無いのだけど、まぁそれは自意識過剰なので喜んでステージへ。
(ライブ終了後に、FIX側の方でプリントしてくれた写真を貰ったのですが、ステージが眩しい事もあって目を細めているエロい表情をした管理人が写ってました。軽くへこむ。)
Suaraさんは黒系のワンピースを着用しており、肩の部分がシースルーというセクシーな出で立ちでした。いいっすな。

ここで有村さんから諸注意が入る。
収録された音声データは個人で楽しむように、また、他のお客様の邪魔にならないようにテーブルの上に録音機材を置く等の、マナーのある録音態勢のお願いがなされた。
「余興的な感じではありますが、録音レベルを測る為にバンドのみで演奏をたしなむので、その間に録音レベルを皆さんに見て頂いて、その後はジタバタしないようにお願いします。(笑)」
(会場からは笑いが起こる。有村さん、ちょこちょこ挟んでくるな。)

続けてSuaraさんからは、「ライブまでもう少しお待ち頂いて、しばし御歓談下さい。それではまた、後ほどお会いしましょう。ごゆっくり~」との発言があり、会場からの拍手に送られる形でステージを後にする。
その後は観客達それぞれに談笑しつつディナーを楽しみ、オリジナルカクテルを注文したりして時間を過ごす。
このオリジナルカクテルであるが、各テーブルで注文している人がかなり居たように見受けられた。
これは、カモられているという印象であった。
(商売上手いなぁ。)

そんな時間を過ごしていると(正味13分位)、再び有村さんが登壇。
有村さんの案内でバンドメンバーがステージ上へ姿を現し、おもむろに演奏が開始される。
(至れり尽くせり。
しかしこの録音レベルを参考にすると、この後の本番で「あわわわわっ!」という目に合うのだけど、それは後で。)

曲は「Englishman in New York」(スティングの楽曲)で、ボーカルはベースの木田さんが務める。
ていうか、唄上手いし、渋いし、格好良いし、なんだよチートかよ。あ~あ。なんかもうズルイと思います。モテるんだろうなぁ。
この日の衣装は全身黒でまとめており、格好良過ぎです。
いや、良かったなぁ・・・・。
ウルっとした湿り気のある低音の声が魅力的だし、安定した唄声、加えてルックスの引きの良さ。
そんな印象でした。
この日、2曲だけであるが木田さんはコーラスもしており、これがまた良かったです。

あ、ここで記しておかなければいけないのは、ヴァイオリンの西村泳子さんだろう。
この日は黒系のワンピースで、スカート丈はひざ上10cmという所だろうか。ミニでした。
その下は、黒色の花柄ストッキングで(恐らくバラかな?)、足元はブーツを履いておりました。素晴らしい。
しかもこのワンピース、身体にフィットする作りらしく、胸の下からお腹の辺りのラインがエロいエロい。
(ちなみにこの部分以外は、身体のラインが出ない作りのワンピースです。あ、上手く説明出来ない。)
いやもう釘付けでしたよ。ええ。ありがとうございます。眼福とは正にこの事ですな。
もうこれだけでも大阪まで来た甲斐があるというものです。

演奏後は会場から拍手喝采でした。
木田さんイイ声してはる。

赤い糸(通常のカクテル)
これは、この日限定のオリジナルカクテル「赤い糸」。ウォッカベースのカクテルです。レシピはSuaraさんの日記を参照。

  前半ライブパートに関して
  [セットリスト]
01 雪の魔法
02 恋の予感
03 While Waiting U
04 カイト
05 かくれんぼ
06 赤い糸
07 キミガタメ


トークでの言葉は、ほぼそのまま書き記しています。

ステージ後方の上寄りに、スクリーンが設置されていました。
これは、客席後方にあるPAの上方部分に設置されているプロジェクターからの映像を受ける為であり、カメラはかなりの数が用意されていた様子です。
バンドメンバー個人個人や、ボーカルを捉えた画面が、ライブ中にいくつも出てきていたので、こういう演出も楽しめたライブでした。
ステージを照らす照明が結構豊富に用意されていたので、照度等の問題もありますから解像度は期待出来ない画面でしたが、演奏者の手さばきや表情が十分に確認出来る近さのカメラもありました。
これは興味のある方には、かなり面白い演出だと思われます。
      |
      |
1曲目は「雪の魔法」から。
これは西村さんのヴァイオリンから演奏が始まっていた。
会場で聴こえていた音としては、低音がシッカリ効いていながらも各楽器の音の分離も良く、聴いていて心地良い空間でした。
(あくまでも個人的感想。)

この楽曲では、畑さんはドラムを叩いておりました。
本日のライブではドラムセットとパーカッションという構成で望んでいて、そのせいかドラムセットの構成はいつもより少なめであったように思います。

先程、録音レベルの参考にと演奏された楽曲よりも本番のライブの音圧が上がったようで、慌ててインプットレベル設定を下げる事になりました。
(いや、焦った焦った。)
      |
      |
2曲目は「恋の予感」。
前奏が演奏される中、Suaraさんから挨拶と曲紹介があった。
(西村さんは一旦退場。)
「改めまして、Suaraクリスマスディナーショーへようこそおいで下さいました。」
「楽しく時間を過ごす事が出来たらなぁと思います。 それでは、カクテルの名前の由来にもなっています、「恋の予感」、聴いて下さい。」

この楽曲では、畑さんはパーカッション(カホン)を叩いていました。
ギターとベースの音の分離が良く、ベースの特徴ある音が印象的な楽曲でした。
キーボードはオルガンのような音色を奏でており、曲の終盤ではギターのちょっとしたソロプレイも味わえました。
また、スーさんの唄い方はCDの方が可愛らしかったのですが、これはこれで良かったです。
      |
      |
ここでトークが入る。
「手拍子ね、どうしましょうね?(笑)」
「手拍子とか、自分の音が(録音機材の)一番近くで入るから皆さんどうしようかと思っていると思うのですが、ライブを一緒に楽しみましょうという事なので自然にね、拍手がね、起こるようであれば、あの、ゼヒゼヒ手拍子なんかして頂ければと思います。」
また、木田さんの唄にも触れられており、「リハの何倍も艶のある声で、素晴らしいですね・・・・・・私よりも上手く唄われると、後がドキドキするんですけどね。」との言葉。
てな事を仰っていました。
      |
      |
3曲目は「While Waiting U」を披露。
まずはギターの演奏から始まり、キーボード、ボーカルの音が続いていく。
それから少しして、ベースとパーカッションが加わり音に厚みが増す構成となっていた。

この「While Waiting U」は韓国盤の「花凛」に収録されており、CDで聴いていた。
当たり前なのだけどこの日は生演奏という事で、所々でキーボードの音が印象的に鳴り、アコギをかき鳴らしたりと、CDよりも厳かな楽曲であったように感じました。
ボーカルの声がそれに拍車を掛けていたようにも思います。
      |
      |
4曲目は「カイト」を披露。
これは西村泳子さんのヴァイオリンから演奏開始。
畑さんのドラムの音が場を引き締めているのだけど、それにはベースの音も不可欠だという事が会場で聴いていてなんとなく実感出来た楽曲でした。
(低音の厚みの増加の仕方というのか、ベースという楽器は[縁の下の力持ち的]な役割りもこなしているのだなと、勝手に思った次第です。初心者丸出し。)

あ、会場からは自然と拍手が起こっていました。
      |
      |
ここでトーク。
演奏された「カイト」の紹介を簡単にしつつ、「クリスマスという事でですね、明るく楽しいハッピーな曲をやりたい所なんですけど(会場から笑い)
えー、まぁね、それじゃあSuaraさんじゃないでしょうという事でね、バラードをやりたいと思います。」

      |
      |
5曲目は「かくれんぼ」を披露。
キーボードのソロ(ピアノのような音色でした。)から演奏が始まり、エレキギターが追随していく流れがあってボーカルが入る構成になっていた。
(エレキギター使用楽曲の1曲目。)

演奏が少し進むとヴァイオリンが加わり、大変に雰囲気のある楽曲でした。
またボーカルが良いんだ、これが。もう本領発揮という印象。
取り憑かれたように聴き入ってしまう。
      |
      |
6曲目は「赤い糸」を披露。
畑さんのタイミング取りからスタートし、カホン・ベース・ギターという構成で曲は進んでいく。
本来の「赤い糸」とは違って、スローバラードにアレンジされている。
サビに入るとヴァイオリンが加わって、より一層バラード色が強くなった印象。
(恐らく音楽を知っている人からするとヘンテコな文章なのでしょうが、管理人は音楽的な知識や経験が皆無なのでご容赦を。)

これまたボーカルが際立っていた。やはりこの人の唄声には魅了されてしまうわ。
途中で息を飲んでしまったのか、声が出なくなる場面もあったのは気の毒でした。
むせているのを我慢しているようだけど、それでも唄いきってました。
(あと、これは本当に個人的な好みなのだけど、カホンの音だけで言えば以前アコースティック スアライブでパーカッションを担当していた岡野リキさんの出す音の方が好みでした。
あ、畑さんのドラムの音は素敵です。あくまでもパーカッションだけの話しです。すみません。)
      |
      |
7曲目は、「キミガタメ」を披露。
キーボード演奏をお供に、出だしの部分を唄い上げつつ曲が進行。
ドラム、ベース、ギター、ヴァイオリンが追随するという構成でした。
(エレキギター使用楽曲の2曲目。)

時折挟まれるヴァイオリンのソロが素敵です。
西村さんが奏でる、高域に行ききらない音色が好きです。聴いていて心地よいのです。
また、終盤でのボーカルの声の伸びは流石としか言えないかと。
(偉そうですみません。)
いやぁ素晴らしかったです。会場は拍手喝采でした。
      |
      |
これにて前半のライブパートは終了です。
なんか長くなったので2つに分けます。
つづく。


[下記に、草部さんと畑さんに関わりのあるサイトのリンクを置いておきます。草部さんのblogでは、ライブの裏話しや打ち上げの一幕が垣間見れて、Suaraファンなら一度は目を通しておく事をオススメします。
畑さんはライブに対する自分なりの感想や思いを書かれているので、Suaraファンであれば興味深いかと思います。
また、草部さんも畑さんも機材の写真を貼ってくれているので、そういう面でも楽しめると思います。]


  『めろでぃあん malodian』
畑さんが所属しているユニット、めろでぃあんのHPです。blogへのリンクがあるので、探してみて下さい。

  『サークル音楽』
田村さんがギター指導をしています。演奏している動画も見れるので、興味のある方は是非。

  『cool.k official website』
草部さんのblogへと繋がっています。
ライブに関して貴重な話しを綴ってあると思いますので、興味のある方は是非。



スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。