スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポケットが虹でいっぱい」5月31日のトークショー

「ポケットが虹でいっぱい」トークショー
に行ってきた。当日、仕事の終了時間が押し、16時45分の上映には間に合わず、着いた頃にはエンディング。
まぁ、6回足運んだからイイよ。もう。なんだよ。ちぇっ。

[ファミ通.comの記事へのリンクです。重要な要点はテキスト化してあるので、トークショーに興味があったけど行けなかったは人は、一読される事をオススメします~]
【ネタバレ注意】『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』京田監督&藤原啓治トークショーが開催された

[Newtypeチャンネルへのリンクです。トークショーの内容がファミ通.comよりも詳細にテキスト起こしされてます。]
「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」緊急トークショーをレポート! 今だから明かされる劇場版秘話!1/2

「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」緊急トークショーをレポート! 今だから明かされる劇場版秘話!2/2


上映が終了して、スクリーンの前から舞台がせり出してくる。
(最新の劇場はスゲェ!w 藤津亮太さんのblog「只今徐行運転中」2009年6月4日の記事にも、当時の心境なんかが書いてあるので、興味があったら見てみる事をおススメします!)
椅子が3つ、傍らにはミニテーブルと500mlペットボトルが設置されている。
まず司会者の藤津亮太さんが出てきて、トークショー前に注意事項(録音・撮影ダメよ。)、地方の上映館が増える事のお知らせをする。
(以外と言ってはなんだが、「ポケ虹」はしぶとい映画だ。トークショーで京田監督も「1ヶ月位で終わるかなと思った」と言っていたが、管理人もそう思ってた。
「エウレカセブン」は、萌えとかヒーローロボットの活躍によるカタルシス等が少なく、人物描写は正負両面共に真正面から描いてあるので、若い人にはウケない要素が満載の作品だと思う。なので、管理人も京田監督の言葉には頷いたものだ。)

ちなみに藤津亮太さんは劇場版のオフィシャルライターである。
藤津さんと言えば、管理人はCONTINUE Vol.27での記事が印象的だった。観察眼が鋭く、作品の根底にあるテーマやメッセージを、読む者に分かり易く文章に起こしてあり、当時「目から鱗」な文章に感銘を受けた。


前説が終了すると、ゲストの京田総監督と、藤原啓二さんの登場。
ひとまず挨拶を終えると、メディア関係の撮影に入る。
(各種メディアに掲載されている写真はこの時の物。)
藤原さんは劇場で販売されている幼生ニルヴァーシュ&ジ・エンドのTシャツを着ている。何気に身体ががっしりした印象。鍛えてそうな感じの身体つきだ。ていうか、格好イイんですが。・・・・・・モテそう。
京田監督は、この数日前に行われたファン有志によるクラブイベント「ゲッコーナイト」のTシャツを来ている。
(監督、「ゲッコーナイト」に参加したらしい。管理人は悩んだけど行かなかった。)

300人以上は入る会場は満席でありながらとても静かで、司会者やゲストの呼びかけに笑い声と拍手の反応以外は無かった。
(楽しかったから、トークに合わせて大声で声を掛けたかったけど、出来なかった。浮くか?という恥ずかしさもあって出来なったなぁ・・・・・残念。次の機会があったら、もっと楽しむ為にも頑張ろう。
静かな会場と言えば、ゲスト入場時に劇場版の音楽が流れた。BGは、入場時だけであったので、劇場版の音楽でなくても構わないから、バックで静かに音楽が掛かっていると良かったのに・・・とは思った。)
そんな中、藤原さんの軽妙なトークで会場に笑いをもたらす辺りが、流石といった所だ。藤津さんは結構緊張していたみたいだし、この日の藤原さんの存在感は一際強く感じられた。
そんな藤原さんは、ホランドに対する想いを語る時の口調は熱を帯びており、役者として「エウレカ」は大事な作品なんだろう、という印象を見る者に与えたのではないだろうか。
(少なくても管理人はそう感じた。)

京田監督のインタビューは色々読んだけど、やっぱり自身にとって大きな作品である様子だ。これについては、トークショーの終盤辺りで言われた言葉が印象的だった。
ちなみに、Newtypeチャンネルの記事にもこの時の話題が載っている。
また、藤津さんが質問する形で、「ポケ虹」の設定関係に突っ込んだ話しを聞けたのも良かった。上映前に、会場にいる観客から質問状を受け付けていたらしく、(遅刻したから、管理人は出せなかった・・・・; ° Д ° ・・・・ガーン)その質問から話題が広がる場面もあり、監督の人となりも垣間見れた。


時間はあっという間に過ぎ、1時間は短いなぁという印象。ロフトプラスでやってくれ・・・頼む。聞きたい事が山程あるから、直接質問出来ると嬉しかったかも。何はともあれ、時間目一杯楽しんだ!

管理人は京田さんの次回作も期待してます!
トークショー開催、ありがとうございます!!お疲れ様でした~!

[特典が豊富なBD限定版がオススメです。中でも絵コンテと、BD-LIVE機能はかなり注目したい所です。]








スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひっそりと生きていきたい。

Author:ひっそりと生きていきたい。
自営業、独身(結婚願望無し)。
それぞれの記事は、各カテゴリーに収納しています。
カテゴリー内には記事の見出しがあります。興味がある記事がありましたら、御覧になって下さいませ。

記事には、好きな事柄に対しての感想を綴っています。
楽しんで頂ければ幸いです。

最新トラックバック
リンク
メールフォーム
苦情・罵詈雑言・意見・お問い合わせ等々はコチラからどうぞ。
あまりに酷い苦情を書かれると、管理人が泣くのでおやめ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
それぞれのカテゴリをクリックして頂ければ、記事一覧ページが表示されます。

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。